I*D-アイディー

ジュエリー、実践心理学で、30代40代50代女性の人生を変える、生き方を変える、運命を変えるお手伝い。日本で唯一のパーソナルジュエリスト佐瑠女まきが運営するパーソナルジュエリーサロン

ジュエリー辞典 宝石別 アゲート(めのう)


k18ygtleafrgagate_left

アゲート(めのう)

●コーディネート術

アゲートには、
様々な色があり、
様々な模様があるから、

本当にどれを選んでいいか、わからなくなる。

だから、
深呼吸を一つして、

私にとって必要なアゲートはどれ?と、質問しながら、
ピンときたアゲートを選んでみて下さい。

 

●宝石ものがたり

アゲートは、縞模様や斑のある“半透明の石英”のことを
総称して呼ぶ名前です。

ちなみに“透明な石英”は、水晶のこと。
もちろん、透明なクリスタルだけではなく、
紫水晶(アメシスト)、紅水晶(ローズクォーツ)、茶水晶(スモーキークォーツ)なども、水晶です。

そして、結晶が細かく、顕微鏡でも見えないほどの“潜晶質”といわれる
“石英の集合体”のことを、カルセドニーと、いいます。

アゲートは、火山岩のような岩石中に団塊状で産し、
それぞれの層の色は、含まれる不純物によって異なります。

アゲートは遠くバビロンの時代に装飾や治療の護符に使われ、
石の作用を安定させる宝石として、他の石とともに使用されていた宝石です。

 

●癒しと活用法

古来から、どの種類のアゲートを身につけても、
勇気が増し、
内に秘めた情熱を表現出来るようになる…と、
いわれてきました。

そして、異性にモテるようになる…らしい。

強さを与え、恐怖を打ち消し、
障害を克服し、病を癒し、
持ち主を危険から護る…とされています。

また、体の不調を良くするのに有効で、
特に胃腸のあたりに支障をきたしているときは、
おへその下あたりにアゲートをあてると、
肉体的な不調がとれる…なんてことも、いわれています。

ただし、肉体の不調のみに効果があり、
精神的、感情的なものからくる不調には、
効き目がない…との事。

また、真実を明らかにし、
それを表に出す作用があり、
持ち主がアゲートに同調し、
受け入れる気持ちを持てば、

常に肯定的な答えや、真実を指し示してくれる宝石として、
働いてくれるそうです。

あなたがすべてを“受け入れる”気持ちを持てば、
たとえよくない事が起きても、
それは流れの一部であり、
時がたてば、それらはみな、良い事へと変化するための、
大切なプロセスである…ということが分かってくるはずです。

あなたも、
お気に入りの色や、模様のアゲートを探して、
自然の流れを受け入れて、

幸せの流れに乗りませんか?

 

●メッセージ

アゲートは、
性質上、層を成して縞模様を描いたり、
複雑で不思議な模様を描いて発達しやすく、

そのため、古代においては、
こうした不思議さは、
神の意思によって描かれたものと考えられ、

特に、同心円を描いたり、
縞模様が発達したアゲートは、
“邪眼除け”の護符となりました。

“邪眼”とは、よこしまな眼差しのことで、
ありとあらゆる不幸は、
その眼差しによってもたらされる…と信じられていて、

その眼差しを向けられる時、
不幸がふりかかる…と言われ、

そのため、人々が平和で幸運に恵まれて暮らすには、
邪眼除けの護符はなくてはならないものだったのです。

アゲートは、神を信じ、神を畏れ、
神々が宿る“自然”の中で生き、
その恩恵を受け、

生かされている自分を謙虚に受け止め、
自然とともに生きた古代の人々が、
最も身近な存在として大切にしてきた宝石。

あなたも、
自然の神々が描いた不思議な模様のアゲートを身につけて、
自然とともに生きている自分を感じ、
自然の中で生かされている自分に感謝して、

自然の流れがもたらしてくれる
幸せを、受け取りませんか?

 

●おまけ

様々な色や模様をしたアゲート。
その主なものを紹介すると…

まず、赤い縞模様の、サードニクス。
情熱を掻き立ててくれる宝石。

黒い縞模様は、オニキス。
そう、オニキスって、実は白と黒の縞模様なんです。
そして、サードニクスとは反対に、情熱を鎮めてくれます。

青い縞模様のアゲートもまた、感情を沈静化してくれます。

それから、苔のような模様をした、モス・アゲート。

緑色のモス・アゲートは、
不調和なバランスをとってくれます。
アメリカインディアンは、この石を雨乞いの儀式に使うそうです。

赤い色のモス・アゲートは、体のスタミナを増してくれます。

縞模様がレースのようになった、レース・アゲートは、
幸福感を増してくれます。
さらにどの色のレース・アゲートも、
持ち主を励まし、支えてくれます。

濃い赤い色をしたメキシカン・レース・アゲートは、
ゆううつな気分や、絶望した気持ちを和らげて、
心を支え、強めてくれます。

青い色をしたブルーレース・アゲートは、
気持ちと心を静めるのに素晴らしい効果を発揮し、
心の混乱を洗い流す洗浄剤の役割を果たしてくれます。
チベットでは、青いブルーレース・アゲートの石の静けさを
蓮の花にたとえて、“神の石”として尊重していたそうです。

白いレース・アゲートは、“幸せを呼ぶレース”と呼ばれ、
楽観的な気持ちを誘い、気分を高貴にしてくれます。

アフリカ産で、ラベンダー色をした縞模様のアゲートのことを、
ボツワナ・アゲートといい、
人ごみの中などで、精神的に過敏になっている時に護ってくれます。

青い星紋や、灰色がかった黒い星紋の入った乳白色のアゲートを、
デンドリティック・アゲートといい、
旅行者の石として、旅の安全を護ってくれます。

また、斑のあるアゲートもまた、
旅行者を護る宝石、といわれています。

どの色のアゲートでも、目の模様をしたものは、アイ・アゲートと呼ばれ、
邪眼除けのお護りだけではなく、
消極的思考をくつがえしてくれます。

火のように赤いガラス状の羽毛のようなものが入ったアゲートを、
プルーム・アゲートといい、
心の中の目標を遂げる手助けをしてくれます。
仕事探しにも一役買ってくれる宝石です。

さらには、“これは誰が描いた風景画なの?”と聞きたくなるような
風景の模様のあるアゲートを、ランドスケープ・アゲートと、いいます。
木のように見えるのは、鉄の酸化物と水酸化物のインクルージョン(内包物)。
本当に、自然に出来た石とは、信じられないほどの素晴らしい風景画です。

他にも、有機質が置換してできた木の化石、珪化木、などというアゲートもあります。

ところで、
あなたはどのアゲートが好きですか?

 

 

yotsuba_93_70