I*D-アイディー

ジュエリー、実践心理学で、30代40代50代女性の人生を変える、生き方を変える、運命を変えるお手伝い。日本で唯一のパーソナルジュエリスト佐瑠女まきが運営するパーソナルジュエリーサロン

ジュエリー辞典 宝石別 アマゾナイト


k18wg_amazonite_syugo_right1

アマゾナイト

 

●コーディネート術

アマゾナイトのやわらかい緑色は、まるで若草の色。

春に着たいパステルカラーとよく似合う。

だから、“パステル…”と名のつく色と合わせたい。

春がちょっぴり待ち遠しい人、

一年の中でも、春が一番好きな人、

是非アマゾナイトのジュエリーを身に着けてみて下さい。

心まで“春”になれます。

 

●宝石ものがたり

南米のアマゾン河流域で採れていわけでもないのに、

“アマゾナイト”という名前を持つ宝石。

アマゾナイトの青みがかった緑色が、アマゾン河をイメージさせるから、、、

、、、なのかも、しれません。

確かに、木々の緑の影を映したような、大河の色を彷彿とさせる光沢。

また、和名を“天河石”といいます。

ここでも、“河”を意識している…。

アマゾナイトのやわらかな青みのある緑色を眺めていると、

大河のようにゆったりとした気分になれるから、、、、なのかも、しれません。

 

●癒しと活用法

アマゾナイトのやわらかい緑色は、
色と同じく、その効果も、やさしい。

アマゾナイトは、目の疲れを癒し、
神経を休めてくれる。

精神を安定させてくれる宝石。

また、神経を休息させることにより、頭の回転を良くしてくれる。

頭の回転が良くなるから、
自然と、想像力も湧いてくるようになる。

その他、精神と肉体のバランスもとってくれる宝石。

喉や胸のチャクラに作用し、
自己表現をする際に手助けをし、
胸に秘めた思いを伝えられるようにしてくれたりも、する。

やさしい色をした宝石は、やはり、効き目もやさしい。

そんなアマゾナイトのやさしさに触れて、
あなた自身もやさしい気持ちになり、

周囲の人々へも、やさしく接してみて下さい。

 

●メッセージ

アマゾナイトは、“希望の石”。

悩んだり、迷ったりした時に、
持ち主にやさしく語りかけて、導いてくれる宝石。

悩んだり、迷ったりしている時は、
不安や恐怖が心を占めていて、うろたえている状態。

そんな時は、なかなか決断できず、
優柔不断に陥りやすい…。

アマゾナイトはそんな時に、決断力を与えてくれる宝石。

特に、枕元に置いて寝ると、夢に働きかけ、
精神的なガイドとなって現れてくれる…らしい。

また、
夢を実現させてくれる宝石、とも言われ、

計画中の事柄や、手がけている仕事を成功へと導いてくれる。

アマゾナイトは、
森の中でさまよっている人を助ける妖精のような宝石。

そんな、アマゾナイトのやさしい力を借りて、
あなたが手がけている仕事や、
夢を、実現してみてはいかがですか?

 

●おまけ

マイクロクリン。

…何、それ?

実は、アマゾナイトは“マイクロクリン”と呼ばれている鉱物、

“微斜長石”の中で、青緑色をした石のことをいいます。

また、マイクロクリンには、青緑色の他に、
無色、白、黄、ピンク、赤、グレー、などの色があります。

さらに、

アマゾナイトをもっと大きなグループに入れると、

“長石”という種類に属します。

ムーンストーンやラブラドライトと同じ仲間の宝石。

だから、アマゾナイトも、仲間たちと同様、“やさしい”宝石…

…なのかも、しれません。

 

 

yotsuba_93_70