I*D-アイディー

ジュエリー、実践心理学で、30代40代50代女性の人生を変える、生き方を変える、運命を変えるお手伝い。日本で唯一のパーソナルジュエリスト佐瑠女まきが運営するパーソナルジュエリーサロン

ジュエリー辞典 宝石別 アメシスト


heliotrope_am_mae

アメシスト

 

●コーディネート術

紫色。

この色と組み合わせると、
合わせた色の魅力が増す気がします。

グリーン×紫、オレンジ×紫、アクアブルー×紫、
こげ茶×紫などなど、
紫に合わせただけで、
たちまち個性的な色のコーディネートが完成します。

だから、あなたの一番好きな色の服に、
紫色のアメシストを合わせてみて下さい。

きっと今まで知らなかった、
自分の個性が見えてくるかも、しれません。

 

●宝石ものがたり

アメシストは、紫色をした水晶です。
和名でいうと、紫水晶。

ギリシャ神話で、ある日、酒神バッカスは、月の女神ディアナとケンカして、イライラしていました。
彼はそのあてつけに、最初に出会った人間を、自分の家来であるピューマに襲わせようとしていました。

ちょうどそこに通りがかったのが、アメシストという少女。
彼女は女神の神殿に詣でる途中でした。

ピューマの鋭い牙がアメシストに襲いかかろうとした瞬間、
女神は少女を純白の石に変え、彼女を守ったのでした。

バッカスは自分のしようとした事を反省し、
少女の形をした純白の石にワインを注いだところ、紫色の宝石、アメシストが生まれた…
という話があります。

別名、“ビーナスのまぶた”とも呼ばれています。

 

●癒しと活用法

赤と青。
正反対の色を統合して出来た“紫”。

浄化力を持つ“青”と、
活動エネルギーである“赤”が混ざり、
“紫”となります。

アメシストは、そんな相対する色を統合して出来た紫色の宝石で、

正しいものと誤ったもの、
純なものと不純なものを区別することができ、

持ち主にとって良い力を引き寄せ、
必要のないものを取り除くことが出来る
正しい判断力を与えてくれます。

また、
持ち主にとってよい影響を与えてくれる恋人を招く宝石、
愛の守護石としても、効力を発揮してくれます。

さらには、精神的に非常に高い治療効果を生むので、
不眠治療や自己治癒力を増すのにも、使えます。

頭痛のときにはアメシストを温めてからこめかみにあてるとよい…
なんてことを聞いたことがありますが、
これもまた、精神的な緊張を解く手助けをしてくれる宝石だから、、、
、、、なのかも、しれません。

そういえば、
紫色をした“ラヴェンダー”も、
精神的にリラックスさせてくれるハーブの代表として、
高いヒーリング効果があるのは、
やはり“紫色”だから…でしょうか、、、、、?

ラヴェンダーのように、
あなたの精神的な緊張を解くアイテムとして、

また、
自分にとってよりよいものを判断するため、
アメシストを身に着けてみてはいかがですか?

 

●メッセージ

高貴な印象なのに、どこか官能的。
紫は、不思議な魅力を持つ色。
そして、“バランス”という意味を持つ色でも、あります。

グリーンの“調和をとる”という意味の“バランス”でなく、
相反する赤と青を混ぜた“紫”は、
対極にあるもの同士の“バランスをとる”感じ。

さしずめシーソーや、天秤で、
両方の重さのバランスをとるみたい。

どちらかが、わずかに重くても、バランスがとれないから、
それゆえの“危うさ”が、いい意味での緊張感を生み、
それが“魅力”になっている感じ。

アメシストは、
そんな“相反する性質”を持つことが、
“魅力”を生むのだと、
私達に教えてくれているのかも、しれません。

人それぞれが持つ“長所と短所”。
このギャップが大きければ大きい人ほど、
不思議な魅力を感じませんか?

以前、知人が、

短所はあっていい。
短所があるから、人間性に幅が出来て、
それが人間としての深みになるのよ…なんて、

なかなか興味深いことを言っていたのを思い出します。

自分の欠点ばかりに目をやって、
なんで自分は欠点ばかりなんだろう…と、
つい落ち込んでしまいがちなあなた、

実はそれが、

“あなた”という人の、“魅力”でも、あるのです。

 

●おまけ

アメシストとは、ギリシャ語で“酒に酔わない”という意味。

酒神バッカスの宝石。

だから、アメシストで出来た杯で、ワインを飲むと悪酔いしない…
なんてことを言われていました。

また、アメシストを身に着けてお酒を飲むと、
悪酔いしない…なんてことさえ、言われていました。

実は、
アメシストという名前の草があり、
その花びらは水で割ったワイン色をしていて、
それを煎じて飲むと、悪酔いを防いでくれるそうで、
そのアメシスト(草)と同じ色と名前のアメシスト(宝石)が、

そのまま“悪酔いを防ぐお守り”となったようです。

 

 

yotsuba_93_70