I*D-アイディー

ジュエリー、実践心理学で、30代40代50代女性の人生を変える、生き方を変える、運命を変えるお手伝い。日本で唯一のパーソナルジュエリスト佐瑠女まきが運営するパーソナルジュエリーサロン

ジュエリー辞典 宝石別 ブラッドストーン


ブラッドストーン

 

●コーディネート術

ブラッドストーンは、
深いグリーン色の地に、
赤い斑点が散らばっている、
不思議な宝石。

古くはカメオなどに使用されていた
ブラッドストーンですが、

最近では、ジュエリーとして加工されているものよりも、
お護り石として、よく売られている宝石。

あなたも、お護り石として、
バッグやポケットの中に、
コロンと一つ、身につけてみてはいかがですか?

 

●宝石ものがたり

ブラッドストーンは、カルセドニーの中でも、
最も有名な宝石で、
不透明な濃い緑色の地に、赤い斑点の模様があります。

和名でいうと、“血玉石”。
もう、“ブラッドストーン”そのままの和訳です。

ブラッドストーンは、“ヘリオトロープ”とも、呼ばれているのですが、
“ヘリオトロープ”とは、“ひっくり返す”という意味で、
運命さえも“ひっくり返す”という、強力な行動力を象徴する宝石として、
古代から大切に扱われてきました。

ところが、
ヘマタイトという宝石も、“ブラッドストーン”と呼ばれていたことがあり、
また、“ブラッドストーン”は、“ヘリオトロープ”と呼ばれていたともいわれ、

二つの宝石は、全く別のものであるはずなのに、
歴史の中では、入り混じっていたりします。

 

 

●癒しと活用法

ブラッドストーンの赤い斑点は、
鉄によるもので、

鉄は、血の主成分でもあることから、
血液と関係する石、といわれてきました。

はるか遠い時代から、
血行をよくし、傷口を治療し、
出血を止めるといわれてきました。

目の充血をとり、
熱中症と頭痛を楽にしてくれる…
なんてことも、いわれたりしています。

健康と長寿の守護石。

また、
知性、勇気、献身的な愛のパワーを増幅し、
他者を思いやる気持ちを育ててくれます。

さらには、対人関係の向上、
同僚、友人の信頼を得るのに役立ってくれます。

その他に、
女性が持てば、
男性の愛を獲得しやすくしてくれます。

思いやる気持ちを育ててくれることで、
他者との関係をより良くし、
さらには男性の愛を獲得しやすくしてくれる、
ブラッドストーン。

あなたも、ブラッドストーンから、
献身的な愛を受け取り、
周囲の人々にも、分け与えてみて下さい。

 

 

●メッセージ

ブラッドストーンは、
一見すると、とても地味な宝石。

それがブラッドストーンだということを、
知らない人が見れば、
何の価値もないように見える宝石。

ブラッドストーンは、
その地味でおとなしい外見とはうらはらに、
とても強力なパワーストーンで、

その偉大な力を使いこなすのにも、
かなりの高い精神力が必要です。

ブラッドストーンが持つ、
献身的な愛も、思いやりも、
自分自身がしっかりと主体性を持っていなければ、
人に与えることはもとより、

たんに自分をすり減らしてしまうだけの、
いたずらな“自己犠牲”となってしまうようなもの…。

まずはブラッドストーンから、
献身的な愛と、思いやりを受け、

それが一体どのような意味を持つものなのかを、
しっかりと感じてみてください。

人に何かを与えたいのなら、まずは受け取ること。

あなたも、
まずは、ブラッドストーンの愛のエネルギーを
受け取り、その本質が何なのかを、
しっかりと感じてみてください。

 

 

●おまけ

ブラッドストーンは、

イエス・キリストが十字架にかけられた時、
その傷口からしたたる鮮血が、
緑色の地面に落ちて石に変わったもの…と
されていて、

そこから“ブラッドストーン”という名前が
つけられた…と、いわれています。

…そんなブラッドストーンですが、

ドイツでは、なぜか“ヘマタイト”のことを、
“ブラッドストーン”と呼んでいて、

本当の“ブラッドストーン”のことを、
“ブルーストーン”と、呼んでいます。

“ヘマタイト”も、“ブラッドストーン”も、
どちらも“血”と関係する宝石といわれ、

古代からその史実が交錯している二つの宝石。

二つとも全く違う宝石なのに、

使用目的が同じだったから…なのか、
効能が似ていたから…なのか、

その交錯理由は、

…不明です。

 

yotsuba_93_70