I*D-アイディー

ジュエリー、実践心理学で、30代40代50代女性の人生を変える、生き方を変える、運命を変えるお手伝い。日本で唯一のパーソナルジュエリスト佐瑠女まきが運営するパーソナルジュエリーサロン

ジュエリー辞典 宝石別 カルサイト


orangecalcite

カルサイト

 

●コーディネート術

透明、ピンク、グリーン、ブルー、イエロー、オレンジなど、
様々な色の種類があるカルサイト。

…ですが、
その性質上、ジュエリーとして売られているより、
どちらかというと、
その多くは“お守り石”として売られています。

また、透明のカルサイトは、光を2つに分けるという
性質から、よく理科の授業で使われることが多い宝石。

だから、ジュエリーというよりも、
“お守り石”として、布製の袋などに入れて身につけるか、

時々、理科の実験をするように、
カルサイトを雑誌の上に置いて、
文字を二重にしたりして、“遊んで”みて下さい。

 

●宝石ものがたり

カルサイトという名前は、
ラテン語で“石灰”を意味する“calax”に由来しています。
和名でいうと、方解石。

…もしかしたら、和名の方解石の方が、ピンとくるかも、しれません。

カルサイトは、炭酸カルシウムが主成分となっていて、
石灰岩の形成成分のほとんどを占めています。
石灰岩は、カルサイトが粒状の集合体となったもので、地表に多く存在しており、
石英と並んでポピュラーな鉱物の一つ。
固体に含まれる不純物により、透明、ピンク、グリーン、ブルー、イエロー、オレンジなど、
様々な色があります。

不純物の少ない無色透明なカルサイトは、石を通過する光を2つに分ける、“複屈折”という
特徴があり、石を通した向こう側にあるものが二重に見える現象を起こします。

へき開という性質があるので、衝撃に弱く、超音波洗浄機などは避けてください。

 

●癒しと活用法

カルサイトは、
調停や調和のパワーを持つ宝石とされ、

不安や憂鬱、ストレスを解消したり、
不安やいらつきを抑えて、心身のバランスを保ち、
活力を高めてくれる…といわれています。

また、心身のバランスをとってくれることで、
精神的な安定をとり、
人間関係を円満にする働きをしてくれます。

ピンク色のカルサイトは、
別名“アフロディーテ(ヴィーナス)”と呼ばれ、
愛を運んできてくれる宝石、
あるいは、美しさを増してくれる宝石といわれています。

イエロー、ゴールデン色のカルサイトは、
成功と繁栄の象徴とされ、
金運や冨をもたらす力があるとされ、
また、新しいことに挑戦する時には、力となってくれます。

オレンジ色のカルサイトは、
創造力を養い、活力を与えてくれます。

グリーンやブルーのカルサイトは、
癒しやヒーリングの効果があり、
持ち主をリラックスさせてくれます。

どの色のカルサイトも、
創造力を高め、ひらめきを促してくれます。

あなたも、
自分自身を癒し、心身共にバランスを保ち、
常に円満な人間関係を築くため、
カルサイトを身につけてみてはいかがですか? 

 

●メッセージ

カルサイトは、
光を2つに分けて、向こう側にあるものを
二重に見えさせる性質があることから、

昔から、複眼の思考をもたらし、
運気を倍増させる…といわれてきた宝石。

普段、私達は、
育った環境や習慣、慣れ親しんだことから、
気づかないうちに、
それぞれ“心にサングラス”をかけています。

それは、
三角錐を常に真横からばかり見て、
三角錐とは三角形。

…と、思い込んでいるようなもの。

ちょっと視点を変えて、真上から見ると、
三角錐は円に見えるのに、

いやいや、三角錐とは三角形なんだ!
…と、かたくなに思い込んでいるようなもの。

一般に、“天才”と呼ばれる人は、
そうした、世間の人が“当たり前”だと思っていることに、
?”という疑問を持ち、

それをあらゆる角度から見直して、
世紀の大発見をしています。

リンゴが落ちる…という、当たり前のことに疑問を持ち、
万有引力の法則を発見したニュートンなどは、
まさに、その代表者。

そして、
実は、“セラピー”という方法も、
常日頃から“当たり前だ!”と思っていたことを、
違う角度から見るように促して、
!!!”という気づきや、ひらめきを得る方法なのです。

さあ、あなたも、カルサイトを手にとって、
“○○は××というものだ”と、
当然のように思っている出来事を、
あらためて違う角度で見なおして、

さらなる自分を発見したり、
新しいひらめきを得てください。 

 

●おまけ

カルサイトは、

実は、ハワイにある、
とーーーーっても有名な地名の由来と関係しているんです。

1700年後半に、
ハワイを訪れた西欧の探検隊が、

火口壁に埋まっているカルサイトの結晶を見つけて、

ダイヤモンドと見間違えたことから、

以来、その土地の名前を、

“ダイヤモンドヘッド”と呼ぶようになったそうです。

だから本当は、あの場所は、

“ダイヤモンドヘッド”ではなく、

“カルサイトヘッド”なんです。

 

 

yotsuba_93_70