I*D-アイディー

ジュエリー、実践心理学で、30代40代50代女性の人生を変える、生き方を変える、運命を変えるお手伝い。日本で唯一のパーソナルジュエリスト佐瑠女まきが運営するパーソナルジュエリーサロン

ジュエリー辞典 宝石別 カーネリアン


cnr21014mae

カーネリアン

 

●コーディネート術

カーネリアンは、オレンジがかった赤いめのう。

その落ち着いた“赤”は、
大人の女性に、ふさわしい。

凛として、
落ち着いていて、
心に秘めた情熱を持つような…

…そんな女性。

高価な宝石ではないけれど、
身に着けるのに、ちょっとだけ勇気のいる宝石…
なのです。

 

●宝石ものがたり

カーネリアンは、半透明、帯赤橙色の、カルセドニーの一種。
和名だと、“紅玉髄”。
日本では、ラピスやさんごとともに七宝に数えられている、馴染み深い宝石です。

古代では、血の流れを鎮め、熱をさます効果があるとされていました。

赤みがかった色は、鉄の酸化物によるもので、
色合いは均一で、かすかに縞模様が見られることがあります。

カーネリアンという名前は、ラテン語の“肉”に派生しています。
…確かに、“お肉”の色に近い気も、、、、します…

また、
アラビアンナイトの中では、色っぽい姫君、ホスン・マリアムの持ち物となっていて、
この姫が恋人と彼の故郷へ旅立つこととなり、この宝石をこすりながら、
“おお、赤めのうよ。スライマーンの御名において命じます。
私達をつつがなくイスカンダリアまで運んでおくれ”と、呪文を唱えます。
すると、一台のベッドが現れ、二人を乗せると、おしっこ(?!)をするほどの時間で、
その街に到着したとか。

…またまた、なんとも面白い話です☆

 

●癒しと活用法

カーネリアンは、
感情のバランスをとることで、
行動が出来るような手助けをしてくれます。

もう失ってしまったかもしれないような、
大きな夢や目標さえも、取り戻し、
それを実現させるために必要な、
エネルギーを補給してくれます。

また、
のん気すぎ、怠けすぎの人には、格別の効果があり、
好奇心の刺激をそそり、
いてもたってもいられないような気持ちを、
起こしてくれます。

カーネリアンは、
不活発な状況を取り除く作用をしてくれるので、

本気で何かをしたいとは思っているものの、
なかなか着手できずにいる人には、
とても強力なコーチとなってくれます。

“~したいな…”とは思いつつ、
なかなか行動を起こせずにいる人、
カーネリアンのパワーを借りて、
この際、思い切って“行動を起こして”みませんか?

カーネリアンは、
そんなあなたの夢や目標が叶うまで、
きっとパワフルに勇気づけ、
とことん励ましてくれるはずです。

 

●メッセージ

カーネリアンは、
一点に集中し、自己実現に向かわせる、
パワフルな“行動石”。

古代の戦士たちは、
敵に打ち勝つための勇気と力を得るために、
カーネリアンを首にかけていました。

カーネリアンは、
何かを実行する際に、
“背中を押してくれる”宝石。

また、
様々な不満や、自己破壊は、
向上心が欠け、立ち止まっている時に起こるもの…

そう、
何かに向かって行動している時は、
不安は感じることはあっても、
不満や自己破壊は起こらないもの…

第一、
夢や目標に向かって行動している時は、
次はどう行動したらいいか…ということに集中しているので、
不満を言っている時間なんて、ない。

最近、停滞気味で、
不満や愚痴が増えてきたな~、、、という人、
或いは、なかなか行動を起こせずにいる人、

カーネリアンの強力なパワーを借りて、
この際、何かに挑戦してみませんか?

…きっとあなたにワクワクするような夢や目標が蘇り、
それに向かって生き生きと輝く笑顔を取り戻せるはずです。

 

 

●おまけ

イスラム教の聖者、マホメットが、
カーネリアンを印章として使用していたため、

カーネリアンのことを、
別名“悟りの石”と、呼びます。

また、
実際にマホメットが印章として使用していた
カーネリアンは、
現在、トルコのトプカピ宮殿に展示されているそうです。

ひょっとしたら、
聖者マホメットも、
カーネリアンのパワーを借りて、
イスラム教を広めた…のかも、、、

、、、しれません。

…だとしたら、やっぱりすごい“行動石”

 

yotsuba_93_70