I*D-アイディー

ジュエリー、実践心理学で、30代40代50代女性の人生を変える、生き方を変える、運命を変えるお手伝い。日本で唯一のパーソナルジュエリスト佐瑠女まきが運営するパーソナルジュエリーサロン

ジュエリー辞典 宝石別 ガーネット


keiko_bell_k18yg_gn_naname

ガーネット

 

●コーディネート術

一般に“ガーネット”といわれて思い出す色は、
黒みがかった赤いアルマンダインガーネットですが、
真紅に近いパイロープガーネット
紫がかったロードライトガーネット
緑色したツァボライト、
オレンジ褐色のヘソナイトなんてのも、あります。

アルマンダインの落ち着いた赤は、ルビーの赤に比べて
落ち着いていてシックなので、
わりとどんな色の服にでも合わせやすく、
すんなり指に馴染んでくれる色なので、
仕事中でも着けられる宝石の一つ、かもしれません。

ガーネットはジュエリーとしてよく使われているので、
宝石のカットも、デザインも、
シャープなものからキュートなものまで、
様々なものがあるので、自分の好きなスタイルに合わせて
楽しんでみて下さい。

 

●宝石ものがたり

日本名でいうと“ざくろ石”。
その名のとおり、結晶がざくろの種子のような石なのです。
フランス語で“グルナ”といい、
ラテン語で、“粒粒がたくさんある”という意味の“ガルッナス”という
複数形の数を表す言葉を語源としています。

人間が最も最初に手にした宝石といわれ、
古代から愛されてきた宝石の一つです。

古代エジプトでは、ペンダントにして首にかけると、
暗闇でも目が見えるといわれてきました。

また、旧約聖書に出てくる“ノアの方舟”の話の中では、
ノアは方舟の中でガーネットを吊るし、
カンテラの代わりにしたというエピソードもあります。

真紅のパイロープガーネットが、夜に灯す火の、
やわらかい光に似ていたせいでしょうか…。

それとも、アルマンダインの落ち着いた赤い色が、
心の闇を照らし、
人々を不安から解放してくれる明かりのイメージ、
だったからなのでしょうか…?

いずれにせよ、ガーネットは古代から私達をやさしく、
静かに見守ってくれた宝石、なのです。

 

●癒しと活用法

女性なら、絶対一つは持っていたい宝石をあげるとするなら、
私は、まず、ガーネットを第一にあげるでしょう。

なぜならガーネットは、
女性が身に着けると、効力を発揮してくれる宝石、だからです。

しかも、持ち主に変わりのない愛情と忠誠を尽くす宝石とされていて、

あなたが心から願うことに関しては、
惜しみなくその力を貸してくれます。

仕事面では、仕事に関係することすべてにおいて、
あなたが上手くやっていけるように促し、
仕事上でつきあいのある関係者には、
もっとあなたと上手くやっていきたいという気持ちを起こさせてくれます。

そして、プライベートでも、ガーネットはあなたの味方となってくれます。

あなたが心から誰かを愛することを惜しまないのなら、
その一途な愛をガーネットは支えてくれます。

また、あなたが本当に叶えたいと思っている夢や
目標を実現しようとする時も、
あなたをより強力にバックアップし、積極性を増してくれます。

あなたの望みを刺激し、態度さえも高揚させてくれるので、
毎日が自然と楽しくなり、
それゆえに、あなたの表情も自然と明るくなるので、
知らず知らずのうちに、あなたの人気を増してくれたりも、します。

あなたがガーネットを一生の友達として大切にしてくれるのなら、
ガーネットはあなたのために最大に力を貸してくれる宝石、なのです。

 

●メッセージ

ガーネットは、あなたが真剣に、
そして一途に“こうなりたい、こうしたい”と思うことには、
全力を傾けてその力を発揮してくれる宝石です。

私は、そんな“持ち主を一途に思ってくれる”ガーネットを見ると、
なぜか、“泣いた赤鬼”という昔ばなしを思い出してしまいます。

赤鬼さんが、人間と仲良くなりたい!!と思っている姿を見て、
赤鬼さんの友達である青鬼さんが悪者役となり、人間を脅かし、
悪者役の青鬼さんを赤鬼さんがやっつけるお芝居をして、
赤鬼さんが人間と仲良くなる…というおはなし。

そして、その代わり、仲良しだった青鬼さんは遠くにいってしまう…
という、ちょっぴりせつないおはなし。

赤鬼さんが、青鬼さんのやさしさ、思いやりをあらためて感じ、
涙した時の、その赤鬼さんが流した涙の色は、
ひょっとしたら、ガーネットのような、
ちょっぴり沈んだ赤い色の涙のつぶ…、だったのかも、、、
なんて、
勝手に想像してしまいます。

あなたのそばにいつもいて、当たり前になっていた
親友や恋人と、ケンカ別れしてサヨナラした後、
いかに自分にとって大切な存在だったか…
いかに自分を思ってくれていたか…
別れたあとになってあらためて分かったり気付いたりして、
ちょっぴり後悔したことってありませんか?

ガーネットは、あなたのそばにいて、
いつもあなたの力になり、あなたを励ましながら、

私(ガーネット)以上に、
あなた自身が気付かないだけで、
あなたの周囲の人々が、
いかにあなたのことをやさしく思っいやってくれているか、
あなたの力になってくれているか、ということに気付き、
そして、そのことを忘れないでねって、
あなたに教えてくれているのかも、しません。

この一途なやさしさと思いやりにあふれたガーネットを身に着けて、
どうか、あなたがこれから先、些細な口論やすれ違いで、
大切な人を見失ってしまうことがありませんように…。

大切なひとは、失くさなくても分かる。

あなたが、永遠にそれが分かるひとでありますように…。

 

●おまけ

ガーネットは古代から、
“持ち主に忠誠を尽くす宝石”とされてきたことから、

昔の女性の中には、
そうした意味を持つガーネットを、
“あなたに私の一生を捧げます”なんていう
、一途な愛を込めて身に着けた、、、、という
エピソードも、残っていたりします。

あなたも、ガーネットに“一生誰かを思い続けます”なんて誓ってみますか?

それとも、

“今はあなたを一途に思っています”程度にとどめておきますか?

…いやはや、移り変わりの激しいこのご時世、だから(笑)
後者のほう、にしときますか(汗)

多分、それでもあなたの気持ちに嘘がないのなら、
きっとガーネットは“仕方ないね~”、なんて笑いながら、
あなたの恋の行方を見守ってくれることでしょう…。

だってガーネットは、いつでもあなたの“大親友”、なのですから、、、、。

 

yotsuba_93_70