I*D-アイディー

ジュエリー、実践心理学で、30代40代50代女性の人生を変える、生き方を変える、運命を変えるお手伝い。日本で唯一のパーソナルジュエリスト佐瑠女まきが運営するパーソナルジュエリーサロン

ジュエリー辞典 宝石別 アイオライト(菫青石)


miyuki-flowk18wg-io-naname

アイオライト(菫青石)

 

●コーディネート術

一見すると、ブルーサファイアのような
明るいブルーをしたアイオライト。

でも、明るい青をしたアイオライトを、別の角度から見ると、
黄色がかったグレー、透明、
そして、青みがかったスミレの花のような紫色に見える。

多色性のある、ちょっと不思議な宝石。

また、リングとして身につけると、
幸せになれる…という言い伝えがあるので、

リングとして身につけて、時々光にかざして、
様々な角度からアイオライトを眺めて、
その色変わりを楽しんでみてはいかがですか?

 

●宝石ものがたり

アイオライトは、柱状結晶の伸長方向
(タテ方向、もしくは柱状結晶を真上)から見ると青色がよく見え、
垂直(真横)から見ると、無色に見えます。

また、多色性が強く、装置を使わなくても、
角度を変えて見るだけで、
黄色がかったグレー、青みがかったスミレ色に見えます。

ジュエリーとしてカットされているアイオライトは、
通常、石の上部、あるいは台を通じて最高のブルーカラーを示し、
横から見ると透明に見えるようにカットされています。

カットするには難しいジュエリーですが、きわめて珍しい宝石ではないので、
わりと手軽に手に入る宝石、でもあります。

 

●癒しと活用法

アイオライトは、その明るい青い色から、
緊張をやわらげ、
精神的にリラックスさせてくれる…と、いわれています。

また、アイオライトの宝石言葉は“自立”。

甘えたい気持ちをコントロールし、
自立を促進してくれる宝石といわれ、

持ち主の自立を応援してくれる宝石で、
人が人に甘えっぱなしになるのを防いでくれます。

家族や親友、恋人など、
自分に近い人には、心を許しているだけに、

何を言っても、何をしても許される気がして、
ついつい“甘え心”を抱いてしまいがちになってしまいますが、

“親しき仲にも礼儀あり”といわれるように、

本当は、自分にとって大切な人こそ、
余計に気を配り、思いやりのある態度をとり、
その関係を保つ努力をしなければ、
よりよい関係の維持など、出来ないもの…

仲がよいから…と、つい口にした軽はずみな一言で、
相手を傷つけてしまったり、
親しかった関係を、ぎくしゃくさせてしまったことがありませんか?

アイオライトは、
あなたが、あなたにとって大切な人と、
より良い関係を維持していくため、

自立した心を養う手助けをしてくれるのです。

あなたにとって大切な人との関係を維持するため、
アイオライトの力を借りて、
成熟した大人として、自立心を養いませんか?

 

●メッセージ

アイオライトは、
“日光の角度によって色が変化する”という、
その特性から、

船乗りたちが航海の時に、
薄くスライスしたアイオライトを偏光レンズとして使用し、
太陽の正確な位置を割り出して、

安全な航海をするための羅針盤がわりに使用した…と、
いわれています。

コロンブスより500年も早く北米大陸に到達した
ノルウェーのヴァイキング、レイフ・エリクソンは、

アイオライトの偏光レンズを羅針盤がわりに使用し、
大西洋を横断した…と、いわれています。

また、人生はよく船の航海にたとえられますが、

アイオライトもまた、
たんに“航海の羅針盤”として…だけではなく、

生きがいを見つけたいとき、
手をさしのべてくれる宝石、といわれ、

人生の羅針盤としても、その役目を果たしてくれます。

しかも、
その人らしさを発揮して、
自然体で生きて行くのを助けてくれるのだそうです。

あなたも、
自然体のまま、
あなたらしい生き方をするため、

生きがいを見つけるため、

アイオライトを身につけてみませんか?

 

●おまけ

“アイオライト”とは、宝石名で、
ギリシャ語で、“スミレ色(青~紫)”の意味を持つ、“ios(イオス)”と、
“石”という意味の“lithos(リトス)”が語源となっています。

和名でいうと、菫青石(きんせいせき).。
菫(すみれ)色の石と、アイオライトをそのまま訳しています。

また、明るい青がサファイアとよく間違われたせいか、

はてまた、産地のスリランカなどでは、
川底から見つかるから…なのか、

別名、ウォーターサファイアとも、呼ばれたりしています。

…ですが、

アイオライトは鉱物学上では、

“コーディアライト”という鉱物名があり、

フランスの地質学者、コルディエの名前から、
名づけられています。

また、角度を変えて見ると、別の色に見えることから、
“二色の色”という意味の“dichrorite(ダイクロライト)”とも、
呼ばれることがあります。

アイオライトの性質が、多色性だから…なのか、

その呼び名も多彩な宝石…のようです。

 

 

yotsuba_93_70