I*D-アイディー

ジュエリー、実践心理学で、30代40代50代女性の人生を変える、生き方を変える、運命を変えるお手伝い。日本で唯一のパーソナルジュエリスト佐瑠女まきが運営するパーソナルジュエリーサロン

ジュエリー辞典 宝石別 ジャスパー


jasper

ジャスパー

 

●コーディネート術

ジャスパーは、アゲートに混合物が混じった宝石。

赤、ピンク、茶、黄、緑、縞模様など、
様々な色の、様々な模様のある宝石。

それらをビーズにして、取り混ぜたネックレスや
ブレスレットがよく売られています。

また、ピクチャージャスパーと呼ばれる、
幾何学模様をしたジャスパーを、
フラットに研磨したものが、
ペンダントやリングとして売られていることも、あります。

比較的安価で、手ごろに入手できる宝石なので、
お好きな色の、お好きなジャスパーを、
身につけてみて下さい。 

 

●宝石ものがたり

ジャスパーは、アゲートやカルセドニーの仲間で、
アゲートやカルセドニーが半透明なのに対して、
ジャスパーはそれらに不純物が20%以上混入して、
不透明な塊状、細粒状のものをいい、

その混入された成分によって、様々な色や模様、形態を示します。

酸化鉄の含有によって、赤い色を示すものや、
ピンク、茶、黄、緑など様々な色があり、
赤色の石の中に、白色または灰色の目玉模様のあるもの、
ジャスパーとオニキスとの縞状をなす縞めのうに似た、
リボンジャスパー、
珪化木の一種のジャスパーウッドと呼ばれるもの、
オパールとの中間のオパールジャスパー
年度が火成岩の変質を受けて出来たポーセラインジャスパー、
幾何学もようや風景画のようなピクチャージャスパー
さまざまな色が混じったファンシージャスパーなどがあります。

和名でいうと“璧玉(へきぎょく)”。

インド地方で採れたことから、インディアンアゲートとも、呼ばれています。

 

●癒しと活用法

ジャスパーとは、
ギリシャ語で“斑点のある石”という意味。

アルベストゥスの“鉱物書”では、
“イアスピス(jaspis)”と呼ばれ、
古くから“聖なる石”として崇められてきた宝石で、

身につけると、太陽エネルギーと共鳴して、
大きな保護力が生まれるといわれてきました。

ジャスパーは、強くて硬い安定の石で、
不安定さや、恐怖心、罪悪感を和らげてくれます。

また、ジャスパーには、
思考力、肉体的反応力を高める力があり、

それによって、よくない人や物事に、
感情的に取り込まれるのを防ぐ働きをしてくれるそうです。

赤色のジャスパーは、体の新陳代謝を調節し、
体のスタミナを増す働きをします。

茶色のジャスパーは、基本的な安定石で、
身の安全と落ち着きに作用します。

緑色のジャスパーは、人からおびやかされるのを
防ぐ働きをしてくれます。

ピンク色のジャスパーは、
沈静効果をもたらし、情緒面での安定に作用します。

どの色のジャスパーも、
体のエネルギーを微妙に変化させて、


少しずつ新しく整えさせる働きをして、
体の波動を正しい方向、バランスのとれた方向に
もっていく働きをしてくれます。

精神的、肉体的にバランスをとり、
安定させることで、エネルギーを強化してくれるジャスパー。

あなたも、お一つ、いかがですか? 

 

●メッセージ

ジャスパーは、
どこにでも見られる一般的な宝石ですが、

研磨されて宝石になると、
とても素朴な美しさを表に出してきます。

一般的な、ごくありふれたように見える人の中にも、
ジャスパーのように、
それぞれに美と真理が備わっているものです。

スピリチュアルカウンセラーの、
江原啓之さんは、こうおっしゃっています。

才能のない人は、一人もいません。
この事実に気づいて下さい。

もし、「私は才能がない」と思っているとしたら、
それは気がついていないだけです。

気づこうとしていないのかもしれません。

どんな人でも、キラキラと輝く宝石を必ず持っているのです。

そして、こうもおっしゃっています。

人からどう見られるかは問題ありません。

自分の才能を掘り起こすということは、
自分自身の本当の姿を知る、ということです。

本当の姿を知れば、その中に必ず「才能」は隠れています。

(江原啓之著 スピリチュアル セルフ・カウンセリングより)

さあ、あなたも、ジャスパーを身につけて、
あなたの中に一体どんな才能が隠れているのか、

一度ゆっくりと自分を見つめなおしてみてはいかがですか? 

 

●おまけ

ジャスパーは、
ヨーロッパでは、古くから出産のシンボルとされていて、
この石をおなかの上に置いておくと、
出産が楽になると信じられてきました。

また、毒蛇やサソリなどに襲われないようにする力もあり、
もし咬まれてしまっても、
ジャスパーを傷口に当てれば毒は流れ出してしまうと
言われていました。

さらに、視覚障害や、
のどの渇きから身を守る(?!)ともいわれ、

はてまた、
中世のドイツの聖女ヒルデガルドの書き残した文書には、
「耳のきこえにくい人は、ジャスパーに息を吹きかけ、
湿って温まったらすぐ耳の中に入れ、布でフタをしなさい」
なんてことが書かれてあるらしい…

ま、効くか効かないかは別として、

それだけ、ジャスパーが、
強いパワーを感じられる宝石だから、
それだけ不思議ないわれが残っている…

…のかも、しれません。

 

yotsuba_93_70