I*D-アイディー

ジュエリー、実践心理学で、30代40代50代女性の人生を変える、生き方を変える、運命を変えるお手伝い。日本で唯一のパーソナルジュエリスト佐瑠女まきが運営するパーソナルジュエリーサロン

ジュエリー辞典 宝石別 ラリマー(ブルーペクトライト)


sv950rali-koba

ラリマー(ブルーペクトライト)

 

●コーディネート術

ラリマーは、カリブ海の宝石が、
そのまま石になったような宝石。

だから、
気取らずに、飾らない、普段の私でいたい時、
カジュアルな自分でいたい時、
ラリマーを身につけて、

南の島で何も考えずに、
ただ海を眺めて一日を過ごすときのように、

移り変わっていく時間の風景を、
リラックスして、楽しんでみてください。

 

●宝石ものがたり

ラリマーは、1974年に、ノーマン・ライリングによって、
ドミニカ共和国で発見された宝石です。

鉱物名を“ブルーペクトライト”と、いいます。

実は、ラリマーは、今のところドミニカ共和国でしか産出されていない宝石、なのです。
現在では、ドミニカ共和国の南部にある、パオルコ村周辺の鉱山で、
採掘がすすめられています。

ラリマーは、トルコ石よりも硬質(モース硬度約6)で、
色は青、淡緑から黄色、そして赤色樹枝上結晶のものがあります。

 

●癒しと活用法

ラリマーは、
歴史も浅く、採掘されている場所が限られているため、
日本ではまだまだ名前を知られている宝石ではありませんが、

カリブ海の明るいライトブルーの海に、
光があたった時に出来る、さざ波の模様のような、
ラリマー独特の模様を見ると、

ラリマーという名前を知らなくても、
ラリマーの意味を聞かなくても、

すーっと心が落ち着いて、
穏やかでさわやかな印象を受けます。

ラリマーは、
青い海が心を静めてくれるように、

怒りや不平不満、貪欲などの、激しい感情を静め、
心を落ち着かせたい時に、手助けをしてくれます。

また、海の持つ生命力をそのまま受けた宝石なので、
生命力が不足している部分や、
過剰な部分のバランスをとるため、
気の流れのバランスをとる働きをしてくれます。

他に、
一つ一つ違う、ラリマーの模様が、
様々なインスピレーションを呼び起こしてくれるので、

直観力や、想像力を養うための
サポートもしてくれます。

あなたも、ラリマーを身につけて、

心を静め、穏やかな気持ちになり、
気の流れをよくして、

インスピレーションを養い、
さらなる自分の可能性を見いだしてみませんか?

 

●メッセージ

この世に存在するすべてのものや起こる出来事は、
必要であり、必然である…といわれていますが、

ごくごく最近になって発見されたラリマーも、
やはり、“今、必要だから”発見され、
人々のもとへやってきた宝石、なのかも、しれません。

ラリマーは、
海の上をそよ風が渡って行く時に出来る、
さざ波のように、
水と風の両方の要素を持ち、

水が感情と関係し、
風が思考と関係することから、

ラリマーは、ハートからくる感情と、
マインドからくる思考を結びつけることで、

持ち主の精神的なバランスをとる働きをしてくれます。

そう、ラリマーは、
頭で“考える”ことと、心で“感じる”ことを統合し、
精神的なバランスをとってくれる宝石。

確かに、現代の人々は、“考える”ことばかり優先して、
“感じる”ことを後回しにしている気がします。

さらに、怒りや悲しみなど、
一般的にネガティブな感情といわれるものは、
ストレートに表現すべきではないもの…として、

抑えたり、感じないようにしたり、
さらには理性でコントロールしたりしようとしてしまいます。

ですが、“感情”には、“よい感情”“悪い感情”というものはなく、

体験した重要な出来事を、しっかりと脳にインプットしておくために、
“感情”という“インデックス”で保管して、

未来に同じようなことが起きた時に、
あなたが上手く対処できるようにするために、必要なものなのです。

もし、“感情”を抑えたり、感じないようにしたり、
理性でコントロールしようとすれば、

あなた自身が生まれながらにして持っている、
“未来をよりよく生きる”ための、大切なシステムを、
自分でかく乱させてしまうことになりかねない…のです。

また、“今、自分は何を感じているのか?”
それを認めてしまえば、
感情は、その大切な役目を果たして、
やがておさまり、消えていきます。

ラリマーは、
あなたが“未来をよりよく生きる”ため、
もともと“生まれながらにして持っている能力”を、
あなた自身が上手に使えるように、

感情と思考を結びつけて、バランスをとり、

あなたがより“幸せな未来”を送るためのサポートをするために、

発見された宝石、なのです。

あなたも、ラリマーを身につけて、
感情と思考のバランスをとり、
より幸せな未来へと、歩いていきませんか?

 

●おまけ

“ラリマー”という名前は、

地元の宝石職人、ミカエル・メンデスが、

娘の名前である“ラリ”と、

スペイン語で“海”を意味する“マー”をあわせて
名づけたもの…と、されています。

きっと、ミカエル・メンデスにとって、
自分の娘は宝石…

…いえ、宝石以上に“大切な宝物”だったのでしょう・・・・・

 

yotsuba_93_70