I*D-アイディー

ジュエリー、実践心理学で、30代40代50代女性の人生を変える、生き方を変える、運命を変えるお手伝い。日本で唯一のパーソナルジュエリスト佐瑠女まきが運営するパーソナルジュエリーサロン

ジュエリー辞典 宝石別 マラカイト


svreiki2rmarakaite-douki

マラカイト

 

●コーディネート術

深いグリーンのマラカイトは、
石によってかなり模様が違う。

たて縞になっていたり、
よこ縞になっていたり、
目のようなアイ・ストーンになっていたり…

世界で一つしかない宝石…とばかりに、
様々な模様をかもしだしているマラカイト。

好きなグリーンで、
好きな模様のマラカイトを選んで、
あなたの“お護り”として、身に着けてください。

 

 

●宝石ものがたり

マラカイトは、通常、不透明な緑色の塊状で産出され、
濃淡の縞模様があらわれるように研磨、彫刻されます。

緑色は、銅の成分に起因し、世界全体では少量しか産出されませんが、
銅床地帯では、多く産出されます。

マラカイトという名前は、ギリシャ語で“ぜに葵”という意味の、
“マラキー”からきていて、
原石の色が、ぜに葵の葉の色に、よく似ていた色をしていたため…と、いわれています。
また、ぜに葵は、薬草で、
薬として煎じる時に、鍋に残って出来た模様が、
マラカイトと同じ模様だったことから、この名がついた…とも、いわれています。

和名でいうと、“孔雀石”
呼び名のとおり、原石の模様が、孔雀の羽の模様に似ていたからです。

また、昔から、この石を砕いて粉にし、
絵の具として使用していて、日本でも“緑青(ろくしょう)”と呼ばれています。

古代からマラカイトは、身に着けると危険や疾病から守られる…と、信じられていて、
守護石として身に着けられていたようです。

 

●癒しと活用法

マラカイトは、
情緒の不安定さを静め、
心の平安と、希望を強める働きをしてくれます。

また、マラカイトは、
古代から“魔除けの守護石”として用いられてきた、
長い歴史があり、

中傷や、嫉妬を防ぐ宝石…としても、
よく知られています。

明瞭なビジョンと洞察力を刺激し、
好ましくない商取引を退けて、
ビジネスの上での成功を助けてくれます。

マラカイトは、
銅を多量に含んでいるため、
ミネラルのバランスをとるのに使え、

さらに、銅系の宝石は、
殺菌効果がある…と考えられているので、
花瓶に原石を入れておくと、
花が長持ちする…とも、いわれています。

あなたも、
心の安定のため、魔除けのため、
そして、ミネラル補給のため、
マラカイトを身に着けてみてはいかがですか?

 

 

●メッセージ

マラカイトは、
古代から幻の力を授ける…といわれ、
守護の石であるばかりか、
ほとんどどのような力をも、刺激する…と、
考えられていました。

また、比較的柔らかい宝石であるせいか、
人間と相互作用をおこしやすく、
古代から持ち主に危険がせまると、
真っ二つに割れてしまう…という伝承があります。

もしも、
マラカイトを身に着けていて、
石が欠けたり、割れたりした時は、
あなたの身代わりとなったか、

あるいは、
守りのエネルギーを使い果たした証であるので、

その時は、石に感謝して、
大地に帰してあげてください。

持ち主を守り抜く、勇敢なマラカイト。

あなたも、
古代から“守りの宝石”として愛されてきた、
マラカイトを大切に身に着けて、

自分を守護してくれる、
マラカイトの“愛のエネルギー”を受け取り、
その“愛のエネルギー”を、
周囲の人々にも、分けてあげてください。

 

 

●おまけ

 

古代エジプト人は、
マラカイトを歴史上初のアイシャドーとして使っていて、

マラカイトを目の上に塗ると、
永遠の若さが得られ、
視力が強まり、
虫を遠ざける…と、信じていたそうです。

銅の成分には、殺菌効果があるので、
眼病予防にも、
一役買っていたのかも、しれませんが、

それにしても、
アイシャドーにするには、
かなり濃いグリーン…、のような気がします。

ひょっとしたら、
あの“エジプトの女王”こと、“クレオパトラ”も、
マラカイトのアイシャドーを、
まぶたに塗っていたのかも…

…しれません。

 

yotsuba_93_70