I*D-アイディー

ジュエリー、実践心理学で、30代40代50代女性の人生を変える、生き方を変える、運命を変えるお手伝い。日本で唯一のパーソナルジュエリスト佐瑠女まきが運営するパーソナルジュエリーサロン

ジュエリー辞典 宝石別 モルガナイト


18kpgsolarmoruganite_mae2

モルガナイト

 

●コーディネート術

モルガナイトのピンク色は、
あどけないピンク。

時にはちょっと、大人っぽく、
パープル系のピンク。

また、わずかにオレンジがかった、
パパラチアサファイアのようなピンクがある。

あなたの好きなピンクを選んで、
指先にピンクのモルガナイトを、
一つ、選んでみて下さい。

 

●宝石ものがたり

モルガナイトは、ピンク色をしたベリル(緑柱石)。
そう、エメラルドやアクアマリンと同じ種類の宝石、なのです。

モルガナイトのピンク色は、石に含まれるマンガンに起因するものです。

また、他のベリル(緑柱石)とは違い、柱状ではなく、
無色のベリルこと、ゴシェナイトと同様に、
六角の平板状の結晶として産することが多いのですが、

完全な平板結晶が採れることは皆無と言って良く、
普通は4分の1ほどの断片でも採れれば上出来…といわれています。

そんなモルガナイトはまた、大半が加熱処理によって、
色をブルーに変え、
アクアマリンとして市場に出回っていることが多いとか。。。

 

●癒しと活用法

モルガナイトは、
清純さと愛情を象徴する宝石で、

持ち主を愛情のこもった思考や、
行動へと導いてくれます。

また、ピンク色の宝石として、
傷ついた心を無条件の愛で包んで、
心の傷を癒し、

やがて前向きな気持ちをとり戻し、
立ち直るためのサポートをしてくれます。

もちろん、ストレスの軽減にも、
癒しの効果を発揮してくれます。

さらに、感動的な愛を引き寄せて、
成就するように導いてくれます。

モルガナイトは、
持ち主に愛を与えてくれるだけでなく、
持ち主の心をオープンにして、

モルガナイトから無条件の愛を受け取り、
受けた愛を他の人々にも分け与えて下さい。

 

●メッセージ

モルガナイトは、
いつも一定のやさしさを放射している…といわれ、

持ち主が強いストレスを感じているときでさえ、
人生の明るい部分に焦点をあてるような働きを
してくれます。

何らかの問題や、アクシデントは、
その中に必ず何らかの学びがあります。

また、そうやって、問題やアクシデントの中から、
何らかの気づきを得た時、

物事が好転していきます。

朝の来ない夜がないように、
人生もまた、
辛い日ばかりが永遠に続くことはありません。

厳しい冬が終われば、
やがて春がやってきます。

モルガナイトは、
一見すると、悪い状況におかれた場合でも、
いつも無条件の愛で、持ち主をやさしく包み、

人生は常に変化していて、
永遠に悪い状況が続くことはないことを、
持ち主に教え、
不安や心配する気持ちを取り除いてくれます。

あなたもモルガナイトを身につけて、
どんな状況におかれても、
不安になったり、心配したりしないで、

自分は一体、何を学んでいるのか?
何の気づきがあるのか?を、
考えてみて下さい。

あなたがその答えを出した時、
良い変化が訪れます。

 

●おまけ

今から100万年も前から存在していたモルガナイト。

…ですが、
実は、1911年までは、
ずーーーーーーーっと、
“ピンクベリル”と呼ばれていました。

ところがところが、

1911年、ティファニー宝石店の宝石顧問だった、
クンツ博士が、

アメリカの資本家であり、指折りの美術品収集家であり、
熱心な宝石愛好家であった、
J.P.モルガン氏の名前から、“モルガナイト”と名づけました。

…そんな“モルガナイト”は、

ロシアでは、トルマリンの研究で名高い鉱物学者、
ヴィクトール・ヴァラヴォフ氏にちなんで、
“ヴァラヴォフ石”と呼ばれています。

アメリカとロシアで呼び名が違うとは、
1911年という、時代を感じてしまいます。

…ですが、

モルガナイトにしてみれば、

“ピンクベリル”と呼ばれても、

“モルガナイト”と呼ばれても、

“ヴァラヴォフ石”と呼ばれても、

“与える愛は無条件で同じですから。”ということになるのでしょう。。。

 

yotsuba_93_70