I*D-アイディー

ジュエリー、実践心理学で、30代40代50代女性の人生を変える、生き方を変える、運命を変えるお手伝い。日本で唯一のパーソナルジュエリスト佐瑠女まきが運営するパーソナルジュエリーサロン

ジュエリー辞典 宝石別 オブシディアン


obsidian

オブシディアン

 

●コーディネート術

オブシディアンは、あなたを守護する宝石。

原石のまま、持ち歩くもよし、

自分を護るジュエリーとして、
身に着けるもよし。

オブシディアンは、あなたを守護してくれる宝石…なので、
誰かに買ってもらう宝石ではなく、
自分のために買う宝石。

オブシディアンは、きっとあなたのことを
強力に“護って”くれることでしょう…。

 

●宝石ものがたり

オブシディアンは、天然のガラスで、
火山性溶岩が急速に冷却されて出来た鉱物です。

通常、オブシディアンは黒色をしていますが、他に、褐色、灰色があり、
ごく稀に赤、青、緑色をしたものもあります。

また、縞模様や、白い雪の粉のような斑点状の模様があるものを、スノーフレークオブシディアン、

石の表面に、鳥の羽が光に当たって虹色に輝くようなイリデッセンスがでるものを、

レインボーオブシデイアンと、いいます。

和名でいうと、黒曜石。

はるか昔の人々は、このオブシディアンを、道具や武器、仮面、鏡や宝飾品として使用し、
特に、矢じりや刃物、短剣などは、このオブシデイアンの鋭い破片を整形して、使用していました。

また、中南米マヤやアステカなどの古代文明では、
霊的パワーを強化する呪術の石とされてきました。

日本でも、おなじみの“黒曜石”は、
縄文時代の矢じりやナイフなどによく使用されている石なので、
どこかの博物館でお目にかかった人が多い石…かも、しれません。

 

●癒しと活用法

オブシディアンは、
感情が流出してしまうのを守ってくれ、
外部からストレスを受けている時には、
援助の力を加えてくれます。

黒い色そのものが、
不要なものをシャットアウトするスクリーンのような
働きをしてくれるので、
優しい人たちが誤用されるのを防いでくれます。

他に、
荒ぶる気持ちを静めて、
自己反省を促してくれます。

また、紺色に近いオブシディアンは、
いっそう強い守護の力を発揮してくれます。

私自身も、
オブシディアンとは縁が深く、

人の感情が入ってくるのを防いでくれたり、
それによってストレスを感じてしまうことがないように、
護られていた時期が、あります。

しかも、
そんなことは知らないまま、
たまたまレインボーオブシディアンを買い、

それを彫金の学校の“課題”として、制作したリングを、

なぜだかよく身に着けていた時期がありました。

後で、宝石のパワーをまとめた資料を読み返していくうちに、

オブシディアンが、
感情が流出してしまうのを守ってくれ、
外部からストレスを受けている時期には、
援助の力を加えてくれる宝石…だったということに気づき、

なぜにあんなに毎日身に着けていたのか、
分かった気がしました。

…なんだか分からないけれど、惹かれる宝石とは、

やはり、自分にとって必要な宝石なのだな…と、

我ながら、今更のように、感心した出来事…でした。

 

●メッセージ

縞模様や、白い雪の粉のような斑点状の模様があるものを、
“スノーフレークオブシディアン”というのですが、
別名“アパッチの涙”と、呼ばれていて、

アパッチの戦士が戦場で殺されたときに、
大地が涙を流して、この石になった…と、
いわれています。

そんな、スノーフレークオブシディアンは、
戦士のお護り。

2005年3月20日、
私が福岡西方沖地震で被災した時、
オープンさせたばかりのアトリエ兼ショップも、自宅同様、
様々なものが落ちたり、壊れたり、倒れたりしていました。

その中でも、不思議なことに、材料や工具を収納していた、
一番ひょろ長くて、不安定な棚が、倒れずに、
置いていた本だけが落ち、若干傾いただけで済んでいたのですが、

その時、
その棚の下で、支えてくれていたのは…

数個のスノーフレークオブシディアンと、
その他、数種類の石たち。

初めてショップにいらしたお客様に、
お渡ししている“お護り用”の小石を入れた器の中に、
スノーフレークオブシディアンも入っていて、
その器が下に落ちた時に、その中の石も飛散したのだと思うのですが、

なぜだか圧倒的に、
スノーフレークオブシディアンだけが多く散乱していて、
しかも、棚の下敷きとなり、そのうち数個は、割れていました。

そして、そのおかげで、棚が倒れずに済んでいたのです。

様々な石が入っていたにもかかわらず、
なぜか、圧倒的にスノーフレークオブシディアンだけが飛散し、
棚の下敷きとなり、割れていたのです。

文字通り“身を挺して”、護ってくれた…のです。

状況的に、どうしたら棚の下敷きになるほど、
スノーフレークオブシディアンばかりが飛散したのか、

なぜ、そのような状況になったのか、

…未だに、分かりません。

ただ分かっているのは、
スノーフレークオブシディアンが、
戦士のお護りだったこと。

スノーフレークオブシディアン自身も、
戦士の身を守る“戦士”だった…ということ。

石が人の身代わりになって割れたり、欠けたりする…ということは、
嘘ではないのです。

それを、彼らが私に“身をもって教えてくれた”のです。

スノーフレークオブシディアンに、
そして、宝石たちに、あらためて感謝した出来事でした。

 

●おまけ

福岡西方沖地震で、
自宅も様々なものが落ち、倒れ、壊れました。

中でも、不安定になると分かっていて、
背の高い棚の上に電話帳を乗せた棚が、
案の定、見事に倒れ、

しかも、
つい先日、頑丈で密閉式の容器に入れていた“梅酒”を、
ビンに移し変えた矢先の出来事で…

…その“梅酒”のビンが、見事に割れてしまったのですが、

実家でも、その時、何故か、梅酒のビンだけが割れた…とのこと、、、

、、、そう、私の自宅の“梅酒”は、
実は実家からもらってきたもの…。

つまり、同じ時期に作られた、同じ“梅酒”。

まさか、“共鳴”して、割れた…とか????

…謎は深まるばかりです。

 

yotsuba_93_70