I*D-アイディー

ジュエリー、実践心理学で、30代40代50代女性の人生を変える、生き方を変える、運命を変えるお手伝い。日本で唯一のパーソナルジュエリスト佐瑠女まきが運営するパーソナルジュエリーサロン

ジュエリー辞典 宝石別 ロードクロサイト(インカローズ)


syugotenshisvrirleftfujita

ロードクロサイト(インカローズ)

 

●コーディネート術

いちごみるく、いちごあめのような
キュートな色のインカローズは、
まずあなたの手元を明るくしてくれます。

ブルーや白のスキッとしたコーディネートには、
愛らしさをちょっとだけプラスしてくれたり、
黒にはポイントとして、

ピンクの色が濃いぶん、
赤に近い感覚で身に着けられるので、
女の子チックなピンクはちょっと苦手…という方でも、大丈夫。

ピンクを着たことがない、身に着けたことがない、という女性は、
インカローズでピンクにチャレンジしてみて下さい。

通常、自分があまり好きではない色は身に着けなくてもいい、と
言っている私ですが、“ピンク”だけは別。

なぜなら“ピンク”は、女性にとって、
とっても強い味方となってくれる色、だからです。

 

●宝石ものがたり

インカローズは鉱物名を“ロードクロサイト”と言い、
乳白色のレース模様が中に見えるピンク色の菱マンガン鉱で、
ギリシャ語で“バラ”を意味する“ロード”と、
“色”を意味する“クロス”から、その名が由来しています。

一般的には“インカローズ”と呼ばれていて、
アルゼンチンで産出されていたことから、
“ロサ デル インカ(インカのバラ)”と呼ばれていたことから由来しています。

インカローズはその濃いピンク色のせいか、
赤に近い意味や効果を兼ね備えています。

そのパワーは強く、安価なルビーより強力で、
情熱を掻き立てるのに効果があり、
気力が萎えた人にはやる気をもたらし、
幸せな気持ちを追い求めるように導いてくれます。

バラ色の頬と唇の、まるでお人形のような黒い瞳の少女が、
アルゼンチンタンゴの曲がかると同時に、大人顔負けに情熱的な強い瞳で、
すべての男性をとりこにするかのように踊っているような…
そんなイメージを浮かべてしまいます。

以前、ウルルン滞在記で、
元タカラジェンヌの純名理沙さんが、アルゼンチンにタンゴを習いに行く…
という企画があったのですが、まさに彼女がそんな感じ。
普段の彼女の可愛らしさが、アルゼンチンタンゴの曲がかかると同時に、
情熱的で、男性を挑発するかのような強いまなざしに変わり、
タンゴを踊った彼女の姿を思い出してしまいました。

さすが、舞台人。本番になると、何にでもなれちゃうのね…などど思って見ていたのですが、
その時にペアを組んだ男性から、是非自分のパートナーとして、ずっと一緒に踊ってほしい…と、
口説かれるというオチがついたのも、無理ないかも…。

 

●癒しと活用法

“インカローズ”はまさに“ヒーラー”
傷ついた心と体をまるごと癒してくれます。

あなたを慰めてくれると同時に、あなたの苦しみを軽くしてくれます。

その上、あなたの魂さえも癒してくれ、
あなたに自信を取り戻すための手助けをしてくれます。

また、インカローズは“治療と救助の石”といわれていて、
救助する側(ヒーラー)には、救助する際に必要なパワーを与え、
救済される側には、立ち直るためのきっかけとなる原動力を授けてくれるので、
ヒーリングを職業とする方は、インカローズを身に着けるか、
原石をポケットの中に入れて、時折触れてみて下さい。

かれこれ十年程前、私が石と出合ってしばらくしてからのこと、
全てが初めて挑戦することばかりで、
しかも決断することが多く、責任もそれなりにかかっていた上、
人間関係でも、新たなことを行っていく上で、
様々な衝突や摩擦、バッシングを受けていた頃、
ずっとこのインカローズの原石をポケットに入れていて、
ピンク色にまるでミルクを流したかのような白い縞模様のインカローズを
暇さえあれば、手のひらに乗せて眺めてました。
取り出して眺められない時は、ポケットの中でそっと触ったりしていました。

その頃は、インカローズが“癒しの石”とは知らず、
ただなんとなくいつもそばに置いていたくて、
いつもポケットの中に入れていただけ…、なのですが、

ある日、そのインカローズに変化が起きたのです。

ピンクの色が一段と濃く、透明感を増したのです。

しかも、そのピンクの濃い色は、内面から光り輝くかのような、そんな印象を受けます。

そう、石が前よりキレイになっていくではありませんか!?

…これにはびっくり。

まさか、石の色が変わるなんて。

それも、キレイになるなんて。

実は、それ以来、エネルギーの弱った石くんたちを手のひらに乗せてしばらくにぎっていると、
不思議と元気にしてしまう…、という
私の隠れた特技が出来てしまったのです。

また、それまでは、いつも自分が石からエネルギーをもらう立場だったのに、
そのお返しを石にも出来るようになったことで、

今までいかに自分が“得ること”ばかりを追い求めていて、
“与える”ということを忘れていたのか、気付かせてくれたのが、この“インカローズ”だったのです。

日ごろ、私達は、自分が“得ること”ばかりを優先してしまい、
その“得たこと”を、感謝の念をもって、他の人へも返すことを忘れてしまいがちです。

また、それは人、だけでなく、今、私達をとりまくすべてのものへ、感謝の気持ちを持って接し、
その気持ちを、感謝するということで“お返し”することが、
結局はまた自分のもとへと“返ってくる”ということを、

インカローズは、キレイに変化する、ということで、
私にそうした大切なことを教えてくれたのかも、しれません。

私にとってインカローズは、“ヒーラー”であり、“セラピスト”であり、“メンター”であるのです。

あなたも、この可愛らしいインカローズのピンクの癒し効果を是非体験してみて下さい。

様々な辛い出来事がトラウマとなり、なかなか抜け出せずにいる人、
また、まさに苦しみの真っ只中にいる人は、
インカローズを身に付けてみて下さい。

インカローズをやさしく指で触ってみるとわかるように、
この石はとてもやさしくあなたを慰めてくれます。

また、ただ慰めてくれるだけでなく、
あなたをその苦しみから解放するための、知恵や勇気を与えてくれます。

また、希望に満ちた人には、さらなる発展をとげるため、
積極的に前進する際に必要な力を授けてくれます。

インカローズは、あなたが元気な時も、落ち込んでいる時も、
また、恋愛のことも、それ以外のことでも、
あなたのことをいつも励ましたり元気づけてくれる親友や恋人のように、
いつだってあなたの強い味方となってくれるのです。

 

●メッセージ

人は、“希望の光”が少しでも見えてると、
つらい出来事も“乗り越えよう”という気持ちが自然に沸き起こってきます。

出口の見えない暗くて長いトンネルの先に、出口のかすかな光が見えた時、
ちょっと安心したりしませんか?

そう、インカローズは、苦しみの中で光を見失いかけたあなたを、慰めることで、
涙で見えなくなってしまっていた出口のあかりが、どこにあるのか、
気付かせてくれるのです。
そして、そのあかりをあなたに見せることにより、
あなたに“前向きに生きよう”という気持ちを再び起こしてくれるのです。

あなたが過去のバックミラーに映る辛い経験や失敗から、
“自分は上手くいくはずがない”と、
まだ始まってもいない未来のことを、過去の経験からだけで判断し、
自分で自分の未来をふさいでしまっていたことに気付き、

さらに、
“自分の未来は自分次第で、自由に選ぶことが出来る”ということに、
あなたが気付き、未来へと歩き出した瞬間から、

インカローズは、あなたの富と名声、さらには愛を得るために、
最大に力を発揮してくれる宝石、なのです。

外見はキュートで可愛い色をしたインカローズだけど、
あなたが傷ついた時は、
キューティーハニーが変身して、悪と戦うように、
あなたを、その強いピンクのパワーで、しっかりと“護って”くれちゃうのです。

 

●おまけ

キレイな石って、おいしそう。
…そんな風に思いませんか?
ピンクにグリーンにイエロー。
透明なガラスのビンにつめたら、まるでフルーツキャンディー。

こんな色の石が自然に出来たなんて、とても不思議。

石って、まさに地球のかけら。

こんな美しい色をした宝石を作っちゃう地球って、ホントすごいし、
また、そんな地球に生まれてきてよかった…と、
つくづく思ってしまう私、でした☆

 

yotsuba_93_70