I*D-アイディー

ジュエリー、実践心理学で、30代40代50代女性の人生を変える、生き方を変える、運命を変えるお手伝い。日本で唯一のパーソナルジュエリスト佐瑠女まきが運営するパーソナルジュエリーサロン

ジュエリー辞典 宝石別 ロードナイト(ばら輝石)


ロードナイト(ばら輝石)

 

●コーディネート術

ローズピンクのロードナイトは、
インカローズより、ややおとなしめのピンク。

だから、インカローズよりも、
抵抗感なく、ピンクのジュエリーとして、
身に着けることが出来る。

でも、正直な気持ちを言うと、
コーディネートを考えるよりも、

身に着けたいと思う時に、身に着けてほしい宝石。

ロードナイトは、
あなたの心のために、身に着けるジュエリー、なのです。

 

●宝石ものがたり

ロードナイトは、銀やマンガンのもとになる鉱石の中から見つかり、
グレードの高いものは、銀の鉱山の周辺に積まれている鉱石の中から、
発見されることが多いようです。

ロードナイトの語源は、その特有のピンク色から、
ギリシャ語で“バラ”を意味する“rhod”に由来します。

和名で言うと、“薔薇(ばら)輝石”。
こちらも、“ばら”と、名前がついています。

たいていロードナイトは、塊状で産出され、ピンクの地色に、黒い色の脈が入っていますが、
ごく稀に結晶状で産出されることも、あります。

あまり知られた宝石ではありませんが、
そのパワーは、偉大なもの。

そんな偉大なパワーが、誰にでも気軽に使えるように、
ロードナイトはリーズナブルな宝石なのかも、しれません。

 

●癒しと活用術

アメリカの先住民族である、インディアンたちにとって、
ロードナイトは、ターコイズと並んで、
ヒーリングや魔よけの儀式に用いられる、
なくてはならないパワーストーンの一つ。

そんなロードナイトは、
精神的なダメージが原因で、体が弱っている時、
ミネラルの成分と、そのピンク色で、
体に必要なエネルギーを回復してくれます。

それと同時に、心を癒し、
自信を回復してくれることで、
精神的なダメージを軽減してくれます。

また、ロードナイトは、
ハートのチャクラにも関係し、
ペンダントとして胸の中央に身に着けると、
愛する心を呼び覚まし、
愛と情熱のバランスをとってくれます。

心のバランスをとり、
愛する気持ちを上手にコントロールしてくれる
ロードナイト。

インディアンがターコイズと同様、
大切な宝石として、その恩恵を授かってきたように、

あなたも、
やさしいピンク色のロードナイトを身に着けて、
その静かだけれど、強い癒しの効果を、感じてみませんか?

 

 

●メッセージ

ロードナイトは、
“自分を大切にする”ことで、
“自分の存在の尊さ”を教えてくれる宝石。

それによって、自信を持たせてくれる宝石。

自分を大切にする…というと、
なんだか、どうやって大切にしていいのか、
正直なところ、戸惑ってしまうのですが、

今、ここに、生きている自分を、ありのまま感じることも、
自分を大切にすることの一つなのではないのかな…?と、
私は思っています。

嬉しいと感じる心、楽しいと感じる心、
悲しいと感じる心、辛いと感じる心、

それは、受けた人それぞれが、違うように感じる。

だから、自分が感じる心の動きを、
自分自身が真っ先に受け止めてあげなくちゃ、いけない。

怒ったり、泣いたり、笑ったりする自分を、
素直に表現することだって、そう。

誰かを気にすることなく、何かに気兼ねすることなく、
自分が感じた心を、そのまま表現すること…

ありのままの自分でいいと、許す心。

そうやって、ありのままの自分を許せるようになると、
人もまた、許せるようになってくるから、不思議です。

自分を大切にする…とは、
結局は、他人も大切にする…といことに、
つながって行くようです。

人を大切にするために、自分を大切に出来るよう、
あなたもロードナイトを身に着けて、
ありのままの自分であることを感じて、
許してみてはいかがですか?

 

 

●おまけ

ロードナイトを歌にたとえるのなら、
竹内まりあの“元気を出して”

まず、傷ついた心に寄り添ってくれて、

それから、

自分を回復するべく、励ましてくれる。

なんか、そんな思いやりのある親友みたいな感じ。

また、

この石を触っていると、

なぜだか“マーブルチョコレート”を思い出します。

ロードナイトの表面が、
ピンクにコーティングされたチョコレートっぽい
感触に似ているから?????

それとも、
遠い昔、マーブルチョコレートが、ロードナイトのように、
私の心を癒してくれたから…なのでしょうか????

…謎です。

 

yotsuba_93_70