I*D-アイディー

ジュエリー、実践心理学で、30代40代50代女性の人生を変える、生き方を変える、運命を変えるお手伝い。日本で唯一のパーソナルジュエリスト佐瑠女まきが運営するパーソナルジュエリーサロン

ジュエリー辞典 宝石別 サファイア


k18ygfederbluesapphire

サファイア

 

●コーディネート術

おなじみの青いサファイヤは、
ちょっぴり“知的”に見せたい時に、

ホワイト(透明)・イエロー・ピンクなどの
カラフルなファンシーサファイヤは、
華やかさと可愛らしさをプラスしてくれます。

知的な女性を目指している人、

親しみやすそうなのに、
どこか高貴な香りを漂わせたい人、

そんな魅力を持ちたい女性に、
身に着けて欲しいジュエリー、なのです。

 

●宝石ものがたり

鉱物学的には、コランダムに属し、さまざまな色があります。

コランダムの中でも赤いものだけを“ルビー”といい、
その他のものを“サファイヤ”と、いいます。

そう、“ルビー”と“サファイヤ”は、同じ種類の鉱物、なのです。

サファイヤとは、ギリシャ語で、“青”を意味する“サフェイロス”からきた名前です。

古代ペルシャでは、大地を支える石とされ、
空が青いのは、サファイヤ映しているからだ…と、いわれていました。

極上の青いサファイヤの色は、“コーンフラワー・ブリュー(矢車草の青)”といわれ、
矢車草の青い色は、“あらゆる青い花の中でも、もっとも完全な青”といわれています。

サファイヤの中でも、もっとも高価なものは、
“パパラチア・サファイヤ”と呼ばれる、
ピンクがかったオレンジ色のもの。
“パパラチア”とは、シンハリ語(スリランカ語)で、蓮の花のつぼみを意味します。

また、
サファイヤの色は、
酸化アルミニウムに、不純物の鉄とチタンが起因して、
色合いがさまざまに変化しているのだとか。

自然の微妙なさじ加減で、あのような美しい色の宝石が誕生するなんて、、、
まさに、神業としか思えない、恐るべき自然の芸術です。

 

●癒しと活用法

サファイヤとは、ギリシャ語で“青”を意味する言葉。

澄んだ心、清純な献身を象徴するサファイヤは、
澄んだ心を持つ人が身に着けると、
邪心を退け、
高い精神性が得られると信じられていました。

サファイヤを身に着けると、
よこしまな考えや、色欲を消すことができるといわれ、

キリスト教では、ローマ法王や大司教が、
指輪としてサファイヤを身に着けていました。

そして、“十戒”が刻まれていた…とされているのは、
サファイヤであった…、とも、いわれています。

持ち主に聖なる愛を引き寄せ、
胸に飾れば、恋愛中の男女に結婚をうながし、

婚約はしたが、結婚はしたがらない相手には、
決意をうながす…と、いわれています。

さらに、腰に飾れば異性を招く働きをし、
子供が出来にくい夫婦が飾れば、
子宝に恵まれる、、、、とも、いわれています。

また、

カボッションカットにすると、
星紋が出るサファイヤを、“スターサファイヤ”といい、
六芒星を形づくる三つの光線は、
それぞれ、
信仰・希望・運命を表すとされています。

スターサファイヤは運命の宝石として、
人から最良のものを引き出してくれ、
夢を支えてくれます。

誠実で純粋で、気高くて、
神の宝石であるサファイヤ。

あなたもサファイヤを身に着けて、
聖なる愛を引き寄せてみませんか?

 

●メッセージ

古代の人々は、
私達が“現実”と呼ぶ物質世界だけを、
単に実在のものと考えておらず、

現実世界のあらゆるものは、
目に見えない何かもっと広くて大きい
“真の実在”から、導き出されている世界…と、
考えていたようです。

“真の実在”とは、
モノをモノとして存在させる、
超自然的なパワーのことであり、

それは天空の彼方にあると信じられていました。

そこには神々の住む領域があり、
また、地上での出来事は、
天上界の出来事の投影によって成り立っている…と、
人々は考えていたようです。

(アボリジニやネイティブ・インディアンの間では、
そうした考え方が、今も受け継がれています。)

サファイヤは、すきっと晴れた天空の色で、

もともと宝石は、神々が住む天上界に属するものであり、
人はこれを身に着けることで、

神の知識やパワーを、
自分のものとして、使いこなすことが出来るとする、

古代の意識を代表する宝石なのです。

それゆえに、
持ち主に聖なる愛を引き寄せ、
予言と知恵の宝石として尊ばれ、
“哲学者の石”として、大切にされてきたのです。

神への叡智、神への服従、神聖な瞑想、
純粋な魂、敬虔さと誠実さを表す宝石として、

サファイヤは、今もなお、
神の宝石として、輝き続けているのです。

 

●おまけ

サファイヤは、
貴族たちの間で、愛のあかしとされ、

贈られた人が不貞をはたらくと、
色が変わる…といわれ、

そこから、
上質のサファイヤで恋人の心変わりを調べる
“ドゥ・サフィール”という風習が生まれました。

ロンドン・ケンジントン博物館にある
“ふしぎなサファイヤ”は、
その代表的なサファイヤで、

フランスのオルレアン公をはじめ、
さまざまな貴族に所有されていました。

彼らは、自分の愛人たちに、このサファイヤを身に着けさせ、
その心を試した…そうです。

しかも、疑わしい女性ほど、長時間持たせた…そうです。

…が、

実際にこのサファイヤが、
女性の心変わりを見抜いて、色が変わったかどうかは、

、、、、不明です。

 

yotsuba_93_70