I*D-アイディー

ジュエリー、実践心理学で、30代40代50代女性の人生を変える、生き方を変える、運命を変えるお手伝い。日本で唯一のパーソナルジュエリスト佐瑠女まきが運営するパーソナルジュエリーサロン

ジュエリー辞典 宝石別 サーペンティン(蛇紋石)


サーペンティン

 

●コーディネート術

通常サーペンティンと呼ばれる宝石は、
半透明~不透明の黄色から緑色をしています。

また、和名で“蛇紋石”といわれるように、
表面が蛇の皮を連想させる模様をしています。

…なので、
ジュエリーとして、ではなく、
ほとんどがお護りとして売られていることが多いので、
数珠や、お護り石として出回っているようです。

目立つ派手さはないけれど、
静かにあなたを護ってくれるサーペンティン。

あなたも1つ、持ってみませんか?

 

●宝石ものがたり

サーペンティンは、よく川底で発見される、縞模様の入った
めのう化した緑の石で、彫刻用に最適な石といわれています。

サーペンティンという名前は、
石の模様が蛇を連想させるせいなのか、
ラテン語の“蛇のような”を意味する、“sarpentine”に由来してます。
和名でいうと、“蛇紋石”。

サーペンティンはまた、1つの石の名前ではなく、数種の鉱物・石のグループ名で、
その中でも“ボーウェナイト”と呼ばれるヒスイに似た石があり、
よく“ニュージェイド”と呼ばれ、ヒスイの代用品として使われますが、
ヒスイとはまったく別の石です。

蛇を連想させるせいなのか、お護り石として古くから登場し、
旅人のお護り石として、よく身につけられていました。
さらに、死者の旅路を護るためのお護りとしてもよく使われていたようです。

 

●癒しと活用法

サーペンティンは、
肉体・精神・魂を統合する力があるとされ、

それにより、
エネルギーを正しく活用を指令する働きをして、
外部からの侵入を防いでくれ、
護りの宝石として活躍してくれます。

精神状態を安定させて穏やかにし、
人にも優しい思いやりの気持ちを持てるように、
持ち主を導いてくれます。

また、持ち主を穏やかな心にして
リラックスさせてくれるので、
集中力や洞察力も高めてくれます。

さらには、霊性を目覚めさせる力があるとされていて、
瞑想、ヒーリングにも最適な宝石だといわれています。

サーペンティンは、
古くから旅人の石として、お護りにされてきた歴史があり、

遠くに移るときの配置転換の石として使え、
安全を保障する助けをし、

不愉快なストレスや変化をそらす働きがあるので、
長旅などや引越しなどのお護りにも
なってくれるようです。

自分自身の内面を統合してバランスをとり、
穏やかな心になりたい時、

あるいは、どこかへ旅をする時、
引越しなどで環境が変わる時、

ぜひ、サーペンティンを手にとってみて下さい。 

 

●メッセージ

サーペンティンは、旅人の石として、
旅の安全を保障し、

危険から身を守るお護りとして、
水夫や行商人がよく身につけていました。

古代ローマ人は、
見えざる危険から身を守るため、
夜間のお護りとして身につけました。

さらに、死者の旅路さえも護るとされていたそうで、
古代の墳墓からは、
サーペンティンで作られたお護りが
沢山発見されています。

サーペンティンは、一見すると“ただの石”です。

ですが、その“見えない力”は、とても偉大です。

サーペンティンは、
そんな、身近にありそうな石でも、

実はとても大きな力を持っていて、
大切な役割を果たしてくれることを
私達に教えてくれます。

それはまた、自然界の中に存在するものは、
すべて無駄なものなどなく、

また、役に立たないものなど、
何一つないということを、
私達に、教えてくれているのです。

もし、
あなたが、自分のことを、
自分なんてどこにでもいる平凡な人だと思っていて、

私一人なんて、どうでもいいんだわと、
少しばかり自分の存在を軽くみている人、

一度、サーペンティンを手にとってみてください。

サーペンティンは、
あなたにも、生まれてきた意味があり、
大切な役割があることを、そっと教えてくれると同時に、
そんな大切な存在のあなたを、大切に護ってくれます。

 

●おまけ

サーペンティンは、
塊状の小結晶が共生した集合体で、

アンチゴライト、
クリソタイル、
リザーダイトなどの鉱物グループの総称です。

そう、サーペンティンは、

色んな鉱物が集まって、
より大きなパワーを生み出す宝石、

…なのです。

石も、人も、
色んな石があって、
色んな人がいて、
それぞれが力を発揮するから、
大きなパワーが生まれるようです。 

 

yotsuba_93_70