I*D-アイディー

ジュエリー、実践心理学で、30代40代50代女性の人生を変える、生き方を変える、運命を変えるお手伝い。日本で唯一のパーソナルジュエリスト佐瑠女まきが運営するパーソナルジュエリーサロン

ジュエリー辞典 宝石別 スモーキークォーツ


622

スモーキークォーツ

 

●コーディネート術

スモーキークォーツは、シックなブラウンだから、
シンプルで、そして大きなものを選ぶといい。

シルバーにセットされているものは、特にそう。

また、ゴールドにセットされたスモーキークォーツは、
ハイセンスなデザインを選ぶといい。

スモーキークォーツは、
女性的な強さとやさしさを表現してくれるジュエリー。

マルーン色のネイルや、
ペールグリーンのネイルに合わせて、、、どうぞ。

 

●宝石ものがたり

スモーキークォーツは、和名を“煙水晶”といい、
厳密にいうと、
帯灰褐色のまさに“煙が充満しているかのような色の水晶”をさし、

明るい褐色~濃い褐色の水晶、そして上記に記載した“スモーキークォーツ(煙水晶)”
黒い水晶(モリオン)を総称して、
“ブラウンクォーツ(茶水晶)”というのですが、

一般的には、茶色~灰褐色の水晶全般のことを“スモーキークォーツ”と呼んでいるようです。

また、スコットランドのカーンゴーム山脈産のスモーキークォーツのことを
別名“カーンゴーム”と呼んでいます。

古代から、“悪霊を祓う守護石”“争いに勝つ石”“種族を保存する石”とされ、

古代ローマ帝国では、この石に彫刻を施した印章を作成し、
代々使用することが行われていたそうです。

古代ケルト族も、同じように悪魔祓いや
ヒーリング・ストーンとして使用していたそうです。

また、スモーキークォーツの色の原因は、
内部に含まれるアルミニウム・イオンが含まれているため、

或いは、無色の水晶が照射によって帯灰褐色に変化することから、
スモーキークォーツは、地下で
天然の放射線を浴びた…とも、考えられています。

“ラジウム温泉”などのように、
微量の放射線は、健康を促進する作用があるとされており、

古代からヒーリング・ストーンとして、
治療のためにスモーキークォーツを使用していたのは、
スモーキークォーツが地中深くで放射線を浴びていたことが、
一因をになっているのかも、しれません。

ここでも、単なる言い伝えが迷信だけでないことを、
スモーキークォーツが教えてくれているような気がします。

 

●癒しと活用法

スモーキークォーツは、茶色い水晶。

茶色は大地の色であることから、
スモーキークォーツは、
大地のパワーを持つ宝石として、
人に安定した気持ちを起こしてくれます。

スモーキークォーツは、
人に安定した気持ちを起こすことで、
ストレスや恐怖心を取り除き、
感情に安定をとる働きをしてくれます。

そう、スモーキークォーツは、
人に安心感を与えてくれる宝石。

また、現実をふまえた労働や、勉強など、
義務をまっとうするための、忍耐力や持続力を
補ってくれたりも、します。

安心感を与えつつ、
忍耐力や持続力を補ってくれるスモーキークォーツって、
なんだかつきっきりで伴走してくれるコーチみたい。

あなたも、スモーキークォーツを身に着けて、
大地に包まれているような安心感を体験してみて下さい。

 

 

●メッセージ

 

スモーキークォーツに“信条”があるとするなら、


“決して諦めないこと”

なぜなら、スモーキークォーツは、
不滅のエネルギーを持つ宝石だから。

何かの目標を達成したい時、
一番必要なのは、才能でもノウハウでもなく、
“諦めないこと”

エジソンは、
数多くの失敗は、“成功できない理由を発見した”とし、
成功するまで“諦めないで”やり続けた人。

また、大リーグ・マリナーズのイチロー選手も、
小さなことを重ねることが、
とんでもないところに行くただ1つの道だ、と言っています。

多くの成功者は、
成功へと結びつくチャンスをものにした…と思われがちですが、
ただ目の前にあることを一つ一つやっていっただけ…と、
口を揃えたように、言ってらっしゃいます。

どうも、成功者の方々も、みんな“諦めずに”続けた人のようです。

何かの目標があり、それを達成したい人、
スモーキークォーツの持つ、
不滅のエネルギーの力を借りて、
達成するまで“諦めないで”続けてみて下さい。

きっと、
スモーキークォーツは、
そんな“諦めない”あなたのことを、励ましてくれることでしょう…

●おまけ

実は、スモーキークォーツには、私も大変お世話になっていて、

以前、国家機関でESPの研究にも携わっていたことのある、
気功の先生から、
やや細長の大きなメークインほどのスモーキークォーツの塊を、
頂いたことがあります。

…というか、

先生のお宅にお邪魔した時に、
何気なく手にしたスモーキークォーツが、
握っていてほどよい大きさだったのと、
触っているだけで、とても安心できる波動の心地よさがあいまって、

お話をしている間中、ずっと“にぎにぎ”していたら、
“そんなに、そのスモーキークォーツが気に入っているのなら、
差し上げますよ”、と言われ、

厚かましくも、頂いて帰ってきちゃいました★

そして、今も時々“にぎにぎ”しては、安心しています・笑

 

 

yotsuba_93_70