I*D-アイディー

ジュエリー、実践心理学で、30代40代50代女性の人生を変える、生き方を変える、運命を変えるお手伝い。日本で唯一のパーソナルジュエリスト佐瑠女まきが運営するパーソナルジュエリーサロン

ジュエリー辞典 宝石別 ソーダライト


ソーダライト

 

●コーディネート術

ラピスラズリに似たブルーの宝石、
ソーダライト。

ジュエリーとして売られているより、
どちらかというと、
その多くは“お守り石”として売られています。

そんなに硬い宝石ではないので、
ジュエリーとして身につける場合は、
リングよりもペンダントトップとして、

あるいは“お守り石”として、
布製の袋などに入れて、
身につけてください。

 

●宝石ものがたり

ソーダライトは、結晶を形成することは稀で、
通常、塊状で産出します。
ソーダライトの中に含まれる白い色は方解石。

ナトリウム(英語ではSodium)が含まれていることから、
“ソーダライト”という名前がつきました。
ちなみに、日本語の鉱物名は“方ソーダ石”といいます。

また、ラズーライトなどと共に、
複数の石が集まって出来ている“ラピスラズリ”を形成する鉱物の一つで、
そのため、ラズーライト、ラピスラズリと色も似ており、
古くから歴史上、それらの石とよく混同されてきました。
また、ラビスラズリは粉末にして絵の具として使用していますが、
ソーダライトには透明感があり、粉末にすると色が薄くなるので、
顔料としては適していないようです。

へき開という性質があるので、衝撃に弱く、超音波洗浄機などは避けてください。

 

 

●癒しと活用法

ソーダライトは、
潜在意識と顕在意識を結びつける働きをして、
思考をフィーリングへとつなぎ、
感情と思考のバランスをとってくれます。

また、思考と感情のバランスを整えてくれるので、
豊かな創造力を助ける“知性の石”として、
古くから言い伝えられてきました。

古代エジプトでは、
恐怖心や罪悪感を楽にして、
心理的な面から体をコントロールしやすくするために、
僧侶階級の人々が使用していたそうです。

…というのも、
ソーダライトは、
他のどの宝石よりも、
恐怖心や悪念を払ってくれる宝石と信じられていて、

そうしたマイナスの想念を払うことにより、
ものの見方をクリアーにして、
物事をより正しく判断できるようになる…と、
信じられていたから、、、なのです。

すぐにイライラしたり、
神経過敏になりやすい人、

あるいは、
恐怖心や罪悪感などにより、
行動できずに立ちすくんでしまう人、

ソーダライトのパワーを借りて、
精神的なバランスをとり、
冷静な判断をした上で、

もう一歩だけ前に進んでみてはいかがですか? 

 

 

●メッセージ

ソーダライトは、
物事にとらわれない“純粋な心”をサポートしてくれる宝石。

ところで、
“純粋な心”って、一体どんな“心”なのでしょうか?

子供のような心?

じゃ、子供のような心って?

透明な感じ?

そう、ありのままを映す、澄んだ水鏡のような感じ?

…そんな“純粋な心”って、

善とか悪とか、

良いとか悪いとか、

そういうふうに物事をとらえるのではなく、

白黒つけるのでもなく、

ただありのままを受け入れる…

…そんな感じでしょうか?

もし、そんな判断をせず、

良いとか、悪いとか、区別せず、

ものごとを“ありのまま”受け入れることができたら、

疑いも、恐怖心も、沸き起こらないんじゃないのかしら?って、

思えてきます。

騙されるのではないか?

上手く利用されるのではないか?

傷つけられるのではないか?

…こんなふうに思うのは、

“猜疑心”や“恐怖心”があるからではないでしょうか?

それを裏付けるかのように、
生まれて間もない“純粋な心”の持ち主である、
赤ちゃんは、

みんなに笑顔をふりまきます。

そして、みんなを幸せな笑顔にします。

もしかしたら、良いことや悪いこととは、

良いことや悪いことが起きる前に、

自分で判断していることだけで、

ひょっとしたら、どちらでもないのかも、しれません。

さらに、もしかすると、

赤ちゃんの笑顔が、みんなを幸せにするように、

良いとか悪いとか、疑いの念を持たずに、

物事にあたっている方が、

すべて上手くいくように出来ているのかも、しれません。

ソーダライトは、

あなたの心を純粋にして、

ありのままを受け入れる、澄んだ心にすることで、

疑いや、それによって沸き起こる恐怖心を消し、

あなたを、

“純粋無垢な赤ちゃん”の“笑顔” にすることで、

すべてが上手くいくように導いてくれる宝石…

…なのです。 

 

 

●おまけ

イギリスのマーガレット王女が、
カナダを訪問していたちょうどその頃、

カナダのバンクロフトの東方4キロの地で、
きれいな青いソーダライトが、
大量に発見されたそうです。

それにあやかって、
バンクロフト産のソーダライトは、
別名“プリンセスブルー”といわれ、

ジュエリーや飾り石などに加工され、
特に人気を集めているそうです。 

 

yotsuba_93_70