I*D-アイディー

ジュエリー、実践心理学で、30代40代50代女性の人生を変える、生き方を変える、運命を変えるお手伝い。日本で唯一のパーソナルジュエリスト佐瑠女まきが運営するパーソナルジュエリーサロン

ジュエリー辞典 宝石別 タイガーアイ(虎目石)


red-tigereye

タイガーアイ(虎目石)

 

●コーディネート術

光の帯が眼のように見えるタイガーアイは、

光にかざして、いつも覗いていたくなるジュエリー。

“お守り”として、原石をポケットに入れておくのもよし、

いつでも眺められるように、リングとして身に着けるもよし、

魔よけとして、ペンダントとして身に着けるもよし。

また、石によってかなり表情が違う宝石なので、
あなただけの“タイガーアイ”を探して、
身に着けてみてください。

 

●宝石ものがたり

角閃石(かくせんせき)と呼ばれる石の中でも、
青綿石(クロシドライト)という青灰色をした繊維状の鉱物に、
石英が浸み込み、硬化し、さらにそれが酸化して、
茶褐色になったものを“タイガーアイ”と、呼んでいます。

酸化する前の青灰色を帯びた状態の石を“ホークスアイ”といい、
タイガーアイを加熱し、さらなる酸化を促すことで赤褐色となったものを
“レッドタイガーアイ”といいます。

和名は、“虎目石”。英訳そのままの名前です。

古代では、幸運を招く聖なる石として崇められ、
エジプト人は、神々の像の眼に使用して、聖なる視野を表し、
ローマ人は、霊力を授ける護符とし、
また、インド人は色変わりする美しさから、最も貴重な宝石として、
珍重したと、言われています。

また、ヨーロッパでは古くから金運をもたらす石とも考えられていました。
中国でも同様に、お金の貯まる石として用いられてきたようです。

“虎”が、繁栄のシンボルとされ、それが金運アップへとつながったから…なのでしょうか?

 

●癒しと活用法

タイガーアイは、石の模様が目のような“アイストーン”の中で、
最も人気のある石で、

洞察力と知覚力をサポートしてくれます。

タイガーアイは、
洞察力と知覚力をサポートすることで、
思考を明晰にし、
正しい判断が出来るよう、手助けをしてくれます。

また、タイガーアイは、
違った角度から見ると、変化して見えるように、

人もまた、様々な角度から見ると、
違った一面が見えてくる…ということを教えてくれます。

タイガーアイは、
人を様々な角度から見ることで、
様々な面に気づき、その違いを見つけて、
自分と他人の違いを知り、

自分と他人の違いを“認める”ことが大切だということを、

光によって変化する姿を通して、
私達に教えてくれるのです。

あなたも、タイガーアイを身に着けて、
光とともに変化するタイガーアイの姿を見て、

自分の持つ様々な面に気づき、
自分にしかない良さを、大切にして下さい。

そして、自分と同様、周囲の人々の様々な面にも気づき、
その人にしかない良さを、発見してみて下さい。

 

 

●メッセージ

タイガーアイのように、目のように見える宝石のことを、
“アイ・ストーン”といい、

古代から、人々は、魔よけの石として、
身に着けてきました。

古代の人々は、
人の不幸や災難、病気は、“魔”のせい、
悪魔や魔神、邪霊の働き、死者の崇り、
他者の呪いなどによって、
人に作用していると考えていて、

通常、それらの“魔”は、“邪悪な眼”
“邪眼”のしわざと、考えていました。

“邪眼”は、風に潜む“魔”の眼差しとされ、
それはまた、他者の嫉妬、中傷、悪意の眼でもありました。

古代の人々は、
嫉妬も悪意も、人間をそのように仕向ける、
“魔”のしわざと考えていたようです。

“邪眼”は、人のちょっとした気のゆるみを狙います。

そのため、古代の人々は、常に邪眼の一撃をそらすため、
キラキラした輝くものを身に着けたり、
“眼”の模様をしたものを身に着けて、
邪眼を弾き返し、災いを除けていたようです。

また、ジュエリーは、
身体に“邪眼除けの眼”をつけることに始まった…
とも、言われています。

そんな、
古代から“魔よけ”として伝わっている、
アイ・ストーンの一つである、タイガーアイを身に着けて、
あなたも、“嫉妬や悪意”に心を奪われないように、
しっかりと、“邪眼”を弾き返してください。

 

●おまけ

古代の人々は、様々な“眼”を持って、
“邪眼”を除けていました。

古代エジプトでは、天空神ホルスの眼と呼ばれる“ウジャト”を、
様々な魔よけとして使用し、

中近東では、ガラス製の目玉を、
知恵の神であり、慈悲深い地母神として信仰していた
“メドゥーサの眼”として身につけ、

インドやチベツトでは、メノウなどの天然石や、
ガラスなどで作った目玉模様のビーズ“ジー・ビーズ”と呼び、
邪眼除けとして身に着けていました。

やはり、

眼には、眼を…ということなのでしょうか、、、、?

 

 

yotsuba_93_70