I*D-アイディー

ジュエリー、実践心理学で、30代40代50代女性の人生を変える、生き方を変える、運命を変えるお手伝い。日本で唯一のパーソナルジュエリスト佐瑠女まきが運営するパーソナルジュエリーサロン

ジュエリー辞典 宝石別 トパーズ


k18ygrapunzelrtopaz_naname

トパーズ

 

●コーディネート術

トパーズの中でも、今、一番人気があるのは、
“ブルー・トパーズ”。

アクアマリンのようにうすい水色から、濃い水色まで、
さまざまなトーンのブルー・トパーズがある。

うすい水色で、氷のようなクールさを表現するもよし、
濃い水色で、華やかさを表現するもよし。

また、カラフルな半貴石を並べたジュエリーで、
明るさを演出しても、いい。

色のトーンによって、可愛くもあり、クールでもあり、
ゴージャスでもあるブルー・トパーズは、
“欲張りな女性のリクエスト”に応えてくれるジュエリー。

あなたは、どう演出しますか?

 

 

●宝石ものがたり

トパーズには、黄色のほか、
無色・淡緑・青・オレンジ・淡褐・ピンク・赤などの色が
あります。

古代では、“トパーズ”というと、黄色のトパーズのこと。

和名で言うと“黄玉”。
もう、色そのままの名前です。

インドでは、サンスクリット語で、“火”のことを“タパス”といい、
生命力の源となる“火”を意味しているといわれていて、
“トパーズ”という名前の由来も、そこからきているといわれています。

古代エジプトでは、太陽神ラーの象徴とみなされ、
古代ギリシャではなぜだか分かりませんが、“力石”と呼ばれていました。

また、中国では美と健康の守護石として尊ばれてきました。

日本でも、かつてはトパーズを産出していましたが、
今ではまったく採れなくなってしまったそうです。

が、しかし! なんと、ニューヨーク博物館所蔵の、
世界で一番美しいといわれるトパーズは、
水色で、463カラットもあり、
実は、純粋の日本産で、岐阜県産出のトパーズ、なのだそうです。

 

●癒しと活用法

古代、“トパーズ”といえば、“黄色い宝石”。

トパーズの黄色は、
人の体内で燃える神秘的な生命の“火”の色、
生命力、生命エネルギーの色とされていました。

そして、人の活力の源は、尾骨にあるとされていて、
トパーズはその尾骨の活力の座に働きかける…と、
いわれています。

黄色いトパーズは、枯死しかけた希望や勇気、
決断力をよみがえらせ、
困難さに打ち勝つエネルギーの源となってくれます。

そしてまた、意識を清めて頭脳細胞をリラックスさせ、
緊張を解いてくれます。

緊張などの精神の高揚からくる頭痛なども、
和らげてくれます。

無色や青いトパーズは、頭脳をクールに整え、
分析能力、直感力、洞察力を発揮しやすくしてくれます。

トパーズの波動は、喜びの感覚と希望の始まりを刺激し、
人を動かす石で、
与える人から受け取る人への愛の贈り物のように、
周囲の人々へも働きかけてくれます。

病いを克服し、
ひたむきに生きる人の“生きる姿勢”が、希望を見いだし、
“生きる喜び”を表現する姿が、人の心に感動を与えるように、

トパーズは、
持ち主の活力を支え、希望を与え、生きる喜びを見いだすことで、
周囲の人々にも、同じように生きる喜びを与えてくれます。

トパーズは、
“生きる”というシンプルな行為の源を支えることで、
あなたに希望をもたらし、
生きる喜びを与えてくれるジュエリーなのです。

 

●メッセージ

“トパーズ”という語源は、
サンスクリット語の“火”を意味する“タパス”からきた…という説の他に、
ギリシャ語で“探し求める”という意味の、
“トパジオス”からきている…ともいわれていて、

古代、トパーズは紅海の島々で採れていたのですが、
深い霧の中での島探しだったことから、
この名がついたといわれています。

また、トパーズには、
“夜に光る”という性質を持っていたことから、
人々は夜の暗闇の中で光るトパーズを、
探し求めて歩いていたからだ…とも、いわれています。

それが転じて、
トパーズは、“人生の暗がり”に、
明かりをともす宝石…とも、されています。

ある意味、人生もまた、
先が見えない暗闇の中へと、歩いていくようなもの…。

暗闇の森の中でさすらう人が、
はるか遠くに見える、町の明かりを目標にして、
自分を励ましながら、歩き続けることができるように、

トパーズもまた、
見えない未来の中に、希望の明かりをともすことで、
あなた自身の生命の源となり、目標となり、
あなたが希望を持って、“生きる”ことを支えてくれるのです。

そうして、ひたむきに生きることの喜びを、
あなたに授けてくれるのです。

さあ、あなたも、トパーズを身に着けて、
先の見えない未来の不安という名の闇に、希望の光をともし、
様々な困難を乗り越えることで、得られる、
満足感や喜びを十分に味わいながら、“生きて”ください。

 

●おまけ

黄色いトパーズは、インペリアル・トパーズ。

…なのですが、

最近は、黄色い水晶である、“シトリン”を、
“シトリン・トパーズ”と呼び、
高価なインペリアル・トパーズの代用として、
よく用いられたりしています。

また、トパーズそのものも、
黄色いインペリアル・トパーズ、ではなく、
最近はブルー・トパーズの方に、人気があったりします。

ルビーやサファイヤと並んで、
古代から愛されてきた黄色いトパーズは、
最近では、なかなかお目にかかれない宝石…と、
なってしまいました。

それは、古代に比べると、電気照明などで
街が何倍にも明るくなり、夜の暗闇が消え、
トパーズの明かりなど必要なくなったから…なのでしょうか?

それとも、未来の闇が深すぎて、希望の光さえも、
見えにくくなってしまったから…なのでしょうか?

 

yotsuba_93_70