パーソナルジュエリー選ばれる7つのポイント

他のジュエリーはいらないけど、ここのは欲しい。パーソナルジュエリーが、相棒として選ばれる7つの理由

パーソナルジュエリー選ばれる7つのポイント

おかげさまで、他のジュエリーとは違う、装飾品というより友達、相棒。
ジュエリーは興味がないけれど、ここのは別。生きてる感じがする。モノじゃない。
オーダーして届くまでの間がとても待ち遠しかった、1カラットのダイヤをもらった時よりも嬉しい。等、
嬉しいお声をいただくアイディーのパーソナルジュエリー。
その選ばれる理由とは? ポイントとは?

ポイント1 『素材が選べる』

一点ものを除いてすべてご注文をいただいてから、約1ヶ月をかけて、貴女のために制作するセミオーダージュエリー。だから、気に入ったデザインのものをお選びいただくと同時に、素材もお選びいただけます。イエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールド、プラチナなど、貴女のお好きなデザインで、お好きな素材を選ぶことができます。

ポイント2 『宝石が選べる』

貴女が気に入った石枠が決まったら、イエロー、ホワイトなど、素材が選べるほか、石枠にセット可能な宝石の中から、貴女がお好きな宝石を選ぶことができます。貴女のお好きなデザインの石枠で、貴女と相性の良い宝石をセッティングすることが可能です。また、見た目のデザインだけでなく、宝石のエネルギーが最大に発揮されるようなカタチ、デザインを意図して制作しています。

ポイント3 『付け心地、作りの良さ』

アイディーのジュエリーをご購入いただいて、夜、寝るときも身に着けて眠る方がいらっしゃいますが、寝ているときも、起きて何かをしている時も、一日中、違和感なく、身に着けていらっしゃいます。実は、これもまた、計算に計算を重ね、付け心地の良さを追求して制作しています。軽すぎない、小鳥が指先に泊まっているかのような心地いい重さが、安心感やリラックス感を与えてくれるよう、配慮しているので、いつもずっと違和感なく身に着けることができるよう、計算して制作しています。

ポイント4 『さりげない存在感』

シンプルだけど、存在感のあるジュエリー。かといって、キラキラマダムのようにならない。かといって、地味ではなく、さりげない存在感と、ボリューム感がある。だから、ふだんのときでも、仕事でも、パーティーのときでも、いついかなるときでも、堂々と身に着けていくことができる、どこに連れて行っても恥ずかしくないジュエリーに仕上げています。

ポイント5 『人生の相棒』

単なるデザイン、カタチではなく、それぞれちゃんと意味を込めて制作しています。ただ、キレイ、可愛いと、見た目のデザインで選んで身に着ける、一般的な装飾品としてのジュエリーとはまったく違い、お渡し時に、あなたにジュエリーに名前をつけていただき、人生の相棒にします。また、いつも身に着けて、ジュエリーに話しかけたり、自分と向き合うことで、本当は自分がどうしたいか? を、いつも自分に問いかけることで、望む方向へと、みずから人生を切り拓いていくことができるようになります。

ポイント6 『自分軸スイッチ』

実践心理コーチ歴13年の佐瑠女まきが、お渡し時にセッションをしてあなたの潜在意識に働きかける、『特別な心理スイッチ』にします。個人的に意味や思いを込めて、ジュエリーをいつも身に着けることで、たとえ軸がブレたり、不安になったり、迷ったり悩んだりしても、ジュエリーを見ることで、安心したり、落ち着いたり、ふっと自分の軸に立ち返ることができるようになります。無意識にその思いをどこかで意識したり、自分の感覚を取り戻すことができるスイッチとなって、常に自分が自分である状態へと自然と戻ることができます。

ポイント7 『なりたい自分スイッチ』

人生の相棒ジュエリーを選ぶ際に、意識的であれ、無意識的であれ、あなた自身が、本来望む自分、未来のなりたい自分をイメージし、それにマッチしたジュエリーを身に着ける。『すでにそうなっている自分』としてふるまう。最初のうちは、慣れなくて、ドキドキしたりするけれど、やがて慣れ、それが当たり前になっていきます。初めて制服を着たとき、どこか馴染めない自分がいたけど、卒業する頃にはしっかり馴染んで似合っているように、あなたが選んだ人生の相棒ジュエリーを身に着けていくうちに、気付いたら、そうなっている自分がいることに気付きます。